独身の行方 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独身の行方

20121022

danshennanvu.jpg

2011年/香港/1時間55分(「2012東京・中国映画週間」で鑑賞)
監 督  杜琪峰(ジョニー・トー)
原 題  單身男女
英 題  Don't Go Breaking My Heart
出 演  高圓圓(カオ・ユァンユァン) 吳彥祖(ダニエル・ウー) 
     古天樂(ルイス・クー) 尹子維(テレンス・イン)
     林雪 (ラム・シュー) 李詩韻 (セレナ・リー)
     賈曉晨 (ジャー・シャオチェン)

<あらすじ>
香港の証券会社で働く程子欣(高圓圓)のマンションには、元カレ(尹子維)の荷物が置きっぱなしで、中でも厄介なのが蛙だった。ある時、交通事故に遭いそうになったところを助けてくれた男(方啓宏:吳彥祖)に再会し、元カレの荷物すべてを渡す。建築家である彼はその後スランプから脱し、子欣の会社の前のビルにオフィスを構える。彼は今も蛙を大事に飼育していた。

金融界の大物、張申然(古天樂)は、向かいの窓から見える程子欣を想い続けている。そしてついに窓越しにデートの約束を果たしたが、程子欣の階下にいた女性の誤解と自身の誘惑に弱い気質から、誤ちを犯してしまう。やがて彼は程子欣の会社の社長となり、彼女に猛アタック。子欣の気持ちも彼に傾いていた。

<感想など>
男二人女一人の三角関係を描いた作品では、女性の方に共感できないケースが多かったが、今回は違った。真面目で不器用な彼女を保護者の立場で見ているような気分だったからだ。プレイボーイの張申然と、誠意にあふれる方啓宏。できれば方啓宏の方を選んでほしいと願う私。でも彼女の心は申然の方を向いており、不安でいっぱいになる。あの人は狼だからやめておきなさい!と心の中でつぶやく。(笑)

転機は蛙だろう。その結末には思わず小声で「あっ」と言ってしまった。それは自分だけではなかったようだ。この顛末を実況中継していた部長(林雪)と、動画にくぎづけとなっている程子欣の姿もまたおかしい。故郷蘇州にいる程子欣が、香港の方啓宏にズキューンとなると、この二人を後押ししたい気分。特に方啓宏には発破をかけたくなった。

前半は、大の大人がオフィスの窓にポストイットを花の形に貼ったり、窓越しに身振り手振りで伝え合ったりする姿がほほえましく、思わず笑ってしまった。後半は、運が向いてきた方啓宏と、何とか彼女を奪回しようとする張申然との合戦模様が、時に笑いを誘う。自分のために男たちがこんな死闘を繰り返すなんて…とウットリする女子も多いことだろうが、彼女の場合はそれどころではなく追い詰められている様子だ。真面目な程子欣は終始自分の本心と対話して、どちらかに決めなければならないと考えている。

さあ、彼女はどちらを選ぶのだろう。

最後は一瞬、『盗聴犯~死のインサイダー取引~』の古天樂がかぶって、もしや飛び降りるのでは?とドキドキしたが、彼は無事地球に戻ったようで安心した。(笑)

「2012東京・中国映画週間」で2作目となる作品。劇場はほぼ満席、終始笑い声が飛び交い、和やかな雰囲気だった。字幕さえよければ最高だったのに。

trackback

「単身男女」 <大阪アジアン映画祭2011> :TK.blog

『単身男女』   單身男女   DON'T GO BREAKING MY HEART 製作年:2011年 製作国:香港 監督:ジョニー・トー(杜峰) 脚本:ワン・カーファイ(韋家輝) 製作:ジョニー・トー(杜

コメント

こんばんは☆

本作品の内容をすっかり忘れていましたが、孔雀の森さんの感想を
拝見しところどころ思い出しました!
そうそう、蛙さん出てました!でも確かかなり悲惨なことに…(TT)

自分のために必死になってくれる男性が2人もいるなんて…と
私もこのコメント書きながらウットリしそうに♪
男性は金城武とイーサン・ ルアンという設定で。←妄想ってコワい(笑)。

>字幕さえよければ最高だったのに。
またですか~。一昨年はひどかったけど、昨年はひどくなかったのにな。
どうやら隔年で字幕に不具合が出るのかしらん?
とすると来年は大丈夫……のはず?!

『失恋33天』もご覧になったようですね^^
私も今週中にアップするので、その時にまたおジャマしまーす。
『LOVE』はご覧になりましたか?こちらの感想楽しみにしてますね(^_-)☆

すでに疲れ目です…

TKATさん、こんばんは♪
この作品、大阪の映画祭では、字幕に問題はなかったのですね。
いろいろ疑問も浮かびますが、事情があるんでしょうね。
一昨年は、本当に衝撃的でしたね。(笑)
来年は大丈夫ですよね~

>自分のために必死になってくれる男性が2人もいる
なんていう経験、私は皆無です。(笑)
もし、その2人を自由に選べ、って言われたら誰にしようかしらん。
TKATさんは、金城武とイーサン・ルアン。いいですね~
金城武と言えば、先日『不夜城』やってたなあ。
あっ、脱線しちゃってスミマセン。

『LOVE』は観てないんですよ~残念ながら予定が立たなくて。
この時期っていろいろあって、事前の計画が難しいです。
過ごしやすい時期になったから、かなあ。
『失恋33天』のご感想、楽しみにしてま~す。
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。