ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black&White Episode1 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black&White Episode1

20120909



2012年/台湾/2時間8分(劇場で鑑賞)
監 督  蔡岳勳(ツァイ・ユエシュン)
原 題  痞子英雄首部曲:全面開戰
英 題  BLACK & WHITE EPISODE 1
出 演
趙又廷(マーク・チャオ) 黃 渤(ホァン・ボー)
楊穎Angelababy(アンジェラベイビー) 杜德偉(アレックス・トー)
藤岡靛(ディーン・フジオカ) 高 捷(ガオ・ジエ)
戴立忍(レオン・ダイ) 朱德剛(ジュー・ダーガン) 

<あらすじ>
台湾のハーバー・シティ。南署のウー・インション刑事(趙又廷)は、停職中にもかかわらず密輸情報をもとに捜査を開始。現場では、三聯会のシュー(黃渤)がダイヤモンドの取引をしている最中、突如謎のヘリコプターから襲撃を受ける。取引相手が次々と命を落とし、インションとシューも巻き込まれて逃げ惑う。やがて、シューが手に入れたアタッシュケースに、大量破壊兵器がおさめられているとの情報を入手。警察、情報局、兵器取引組織の間で、激しい攻防が繰り広げられる。

<感想など>
チケットカウンターで思わず、副題である「湾岸危機」と言いそうになったのは、同時公開されている某邦画の印象が強いからだろうか。チケットを買い間違える人もいるのでは?とスクリーンに入ってみると、そんなことがあろうはずもない。私以外誰もいないのだから。場所を確認するために思わずチケットのスクリーンナンバーを確かめてしまった。公開初日の初回だというのに観客は私を含めてたったの3人。ド派手なアクションシーンがとめどなく続き、製作費10億円というのもうなづけるが、お客の入りはどうなんだろう…。いつしか人の存在も、冷房のヒンヤリした感覚も忘れて画面にのめり込んでいく。

正義感がめちゃめちゃ強い刑事と、ちゃらんぽらんなやくざ者。二人比べると両極端なイメージだが、その凹凸が歯車のようになっていいコンビぶりを発揮している。どちらかといえば刑事がボケ、やくざ者がツッコミの役割をはたしているように見えた。逮捕することに情熱をかけるあまり、応戦しなければならない場でも手錠をかけたまま、というのがインションらしい。でもそのせいで観客にとっては楽しめるシーンになっている。

主人公であるインション(英雄)を中心として、敵味方の区別が瞬時につかないところが、混乱すると同時に面白さでもある。例えば警察は味方と言えそうだが、情報局のメンバーは彼ら(インションとシュー)に発砲するので、味方にはとても見えない。いざとなると味方の犠牲も厭わず強行突破するイメージだ。また、Angelababyや戴立忍も善悪の判断がつかない役どころで、そうした謎めいた存在が主役二人と共に物語をけん引している。

この時期での公開とあって、多数の犠牲者の出たテロ事件が、どうしても思い浮かんでしまう。軍需産業側と軍事費予算を組む側との攻防が流れた時、これまでの奇想天外な物語が一瞬現実にも起こりうるのでは?とヒヤリとした。

TVドラマの3年前との設定ときくと、どうしてもドラマへの食指が動く。また「Episode1」という副題や、エンドクレジットに流れる映像は、次への期待も抱かせる。

飛行機の穴から落ちて行った人たちが次も登場しても、決して不思議ではない。なぜなら、ほとんど奇跡の連続で成り立っている物語なのだから。では、最も奇跡的だと思えたのは? インション運転の白い車が、あれだけの冒険をしながらほとんど無傷だった(ように見えた)ことだろうな。

trackback

ハーバー・クライシスBlack & White Episode1 :龍眼日記 Longan Diary

台湾のハーバー・シティ。 新米刑事のウー・インション(趙又廷:マーク・チャオ)は正義感が強く むこうみずな性格が災いして上司から目をつけられている。 現金輸送車強奪事件の...

コメント

趙又廷、売れっ子ですねー。

孔雀の森さん、こんばんは。
えぇっ!初日の初回で3人とは!
いやいや初回というからには午前中だったのでは?
午後の方がヒトが入ったのではないかしら。(と思いたい)
私は初日の2回目で午後一番の回だったせいかまぁまぁの客の入りでした。
でもこの劇場では2週目いきなり1日1回夕方のみの上映になっていましたが。(笑)
あの飛行機のエピソードはおっしゃるとおりどうしてもテロ事件を思い出してしまいますよね。
ビルの中から窓越しに飛行機がスレスレを飛んでいくシーンが怖かったです。
私も未観なのですがこのドラマ、かなり評判良かったみたいですよね。
私も機会があれば観てみようかしら。
>ほとんど奇跡の連続で成り立っている物語
あはは!本当にその通り!座布団3枚です♪

けがしませんように…

sabunoriさん、こんばんは♪
たしかに、午後一番の方がお客は集まるかもしれませんね。
午前からお昼にまたがって終わるのが1時半近く、という時間帯よりは、
ごはんを済ませてからの方がいいですものね。
こちらの劇場では今、1日3回の上映です。なんだか心配です。
(なんて、私が心配することでもないと思うのですが)
劇場前に泊まるバスの本数がもっと増えればいいのに。
つい愚痴ってしまいすみません。(かなり辺鄙な所なもので)

飛行機が迫りくるシーンは怖かったですね。ちょっと3Dで
みてみたいなあと思いました。
もちろんそれは画像処理効果なのでしょうが、最後に飛行機が
あの狭いスペースにぴたりと止まった風景は、どうなのかしら。
忘れられない光景の一つです。

後日談でマーク・チャオが「生傷が絶えなかった」と語ったと聞き、
体を張る仕事のたいへんさを知るとともに、どうか気をつけて!と
言いたいです。「2」があるなら、やはり元気なマーク・チャオを
見たいから!!初日の初回に行けるかどうかはわかりませんが。

TVドラマ、この続編、そしてディーン・フジオカくん出演作などなど、
興味が広がって楽しいです!


非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。