The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

20120724



2011年/フランス・イギリス/2時間13分(劇場で鑑賞)
監 督  リュック・ベッソン
原 題  The Lady
出 演  ミシェル・ヨー  デビッド・シューリス
     ジョナサン・ラゲット  ジョナサン・ウッドハウス
     スーザン・ウールドリッジ ベネディクト・ウォン

<あらすじ>
1988年、アウンサンスーチー(ミシェル・ヨー)は母を見舞うため、夫(デビッド・シューリス)と二人の息子をイギリスに残し、故国ビルマ(現ミャンマー)に戻る。当時ビルマではネ・ウィン率いる軍事政権が、学生や市民による民主化運動を弾圧していた。ある日彼女は大学教授らの訪問を受ける。故人となった今も敬愛されるアウンサン将軍の娘、アウンサンスーチーに、国民民主連盟の結成とその代表になることを要請しに来たのだった。彼女はこれを承諾、民衆の圧倒的な支持を得て、家族も応援する。ところが軍事政権は家族を国外追放とし、彼女を自宅に軟禁する。

<感想など>
アジア女性初のノーベル平和賞受賞者、アウンサンスーチー氏。くっきりした顔立ちと細身の身体が強い印象をなげかけ、誰もが知る政治家の一人と言えよう。最近ようやく自宅軟禁がとかれ、政権との協調が報道されてはいるものの、知名度の割にはベールに包まれた部分が多い。制作側のコメントで「パズルピースを合わせていくような作業」という表現があったが、実在の著名人について想像力を駆使することはさぞ大変だろうな、と、制作秘話への好奇心も高まった。

現役政治家の半生であることから、ドキュメントとしての評を多く目にする。しかし本作はあくまで作られた物語だと思う。彼女の政治的立場は複雑である。そうした立場を慮り、弾圧に対し勇気をもって立ち向かう姿と、家族を想う姿の二面に絞ることで、氏の人間性を鮮明にしているように感じた。

主演ミシェル・ヨーの役作りにかける熱意が表れた、凛としたアウンサンスーチー像だった。顔立ちは全く違うのに、タイム誌を飾る氏の写真や、若いころの写真など、本人の顔が度々出てきても違和感がない。これまで観たことのあるミシェル・ヨーとは全くの別人、アウンサンスーチーその人に見えてくる。

彼女を中心とした国民民主同盟の面々とネ・ウィンをはじめとする軍事政権のメンバーたちは両極にあり、双方が対峙する場面ではいつも緊張を強いられた。特に銃を突き付けられたアウンサンスーチー氏がたくさんの銃の横をすり抜けていくシーンは、その姿が相手に打ち込んだ弾丸そのものに見え、崇高な精神に触れた思いだった。逆にネ・ウィンは突然部下を射殺するような、とことん邪悪な存在として描き込まれている。演じる役者は相当嫌われるのでは?と思えるほどの好演ぶりだ。

最後まで観てふとタイトルに違和感を持った。「ひき裂かれた」のは「愛」ではない、と。
癌を発症したマイケル・アリス氏は、幾度もビルマ(ミャンマー)入りを求めながら、ついにはその願いは叶えられなかった。アウンサンスーチー氏は、祖国を離れたら二度と入国できない恐れがあって、夫の元へ行くこともできない。離れていても愛はずっと続いている。でも結局彼女は夫の最期を看取ることはできなかった。家族の往来の手段を断つとは、なんと残酷な策だろう。

彼女を大拍手で迎える大観衆の姿には、未来を彼女に託した誇りさえ感じられた。金色に輝く丸屋根、真っ青な空、そして氏の髪を飾る大きな花。自由を髣髴とさせる鮮やかな色彩が、国民の実生活も照らし出してほしいと願わずにはいられない。

コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。