ホット・サマー・デイズ : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホット・サマー・デイズ

20120627

hotsummer4.jpg

2010年/アメリカ・香港・中国/1時間33分(レンタルDVD)
監 督  夏永康(ウィン・シャ) 陳國輝(トニー・チャン)
原 題  全城熱戀/熱辣辣
英 題  Hot Summer Days
出 演
張學友(ジャッキー・チュン) 劉若英(レネ・リウ) 謝霆鋒(ニコラス・ツェー)
徐熙媛(バービー・スー) 吴彦祖(ダニエル・ウー) 徐若瑄(ビビアン・スー)
井柏然(ジン・ボーラン) 楊頴(アンジェラベイビー) 段奕宏(ドゥアン・イーホン)
付辛博(フー・シンボー) 詩雅(ミシェール・ワイ) 劉家輝(リュー・チャーフィー)
余文楽(ショーン・ユー) 何琢言(ハー・ジュオイェン) 張曼玉(マギー・チャン)

<あらすじ>
暑い暑い夏の日、5組のカップルが繰り広げる恋の物語。
・運転手(張學友)とフットマッサージ師(劉若英)は間違いメールが縁で知り合うが、それぞれ「レーサー」、「ピアニスト」と自分を偽る。
・エアコン修理屋(謝霆鋒)は颯爽とバイクに乗る女性(徐熙媛)に興味を持ち、後をつける。彼女は日々、病院で余命わずかの人に付き添っていた。
・20年前の鎮江。若者(井柏然)は毎日自転車で通勤する工員(楊頴)に一目惚れ。仕事中100日間外で待ったら付き合う、という約束を取り付ける。
・グルメライター(徐若瑄)は寿司職人(吴彦祖)との恋を成就させるため香港にやってくる。しかし彼は、究極の一品を考案することの方に力を注いでいた。
・売れっ子カメラマン(段奕宏)は失明の危機に陥った時、ふと、罵声を浴びせた人気モデル(詩雅)への謝罪を思い立つ。彼は弟子(付辛博)の助けを借りて彼女に会いに行く。

<感想など>
暑い!観ているだけで熱い!登場人物たちの顔は汗まみれ。温度計は50度近くを指している。制作は2年前だが今年の夏を予想しているかのよう。

各物語は同時進行。いきなり別の話に切り替わる上、関連性の有無もそれぞれなので、最初のうちは戸惑った。もっとも、前半で登場人物が出揃うので後半は楽に筋を追うことができた。

一番胸キュンだったのは若者と工員との恋バナ。彼女の気持ちをゲットしようと、夏の暑い盛り待ち続ける彼の根性には恐れ入った。女の子の方も、日を追うごとに恋心を募らせていく。彼女のまん丸おメメと、工場で作る赤いクマさんの眼が重なって、彼女を好きな男の子の気持ちが鮮明に伝わってきた。それにしてもあの彼、よくそんな時間があるものだ。

一番面白かったのは張學友と劉若英の姿とテンポのいい掛け合い。劉若英のイケてないヘアスタイルや、運転手の娘より下手なピアノ、さらに張學友の氷男スタイルなどなど笑いの要素満載だ。メールに始まり、実際に顔を合わせてからのやりとりには、観ている方の心も弾む。ストロベリーちゃんには感謝しなければ!

吴彦祖のニコリともしない寿司職人は、ほんとにその道の人を思わせる。ワサビと称する乙女チックなライターとは両極に思えたが、解説役の黄色い魚たちのおかげ(?)でハッピーエンド。ビジュアル的に楽しめる物語だった。

劉家輝、謝霆鋒の父子関係がいい。亡き妻を今も想い続ける父は、息子にも愛情をかけている。その思いに息子もこたえる、というちょっとほろりとするストーリーだ。ここで使われる赤い電球もまた可愛らしい。

カメラマンの物語では思わぬ展開が待っていて心温まるエンドだった。そうか、ここでの主人公は弟子の方だったのね。

カメオ出演の俳優を見つけて喜び、鮮やかな色彩を楽しみ、各物語で笑ったりホロリとしたりと、93分はあっという間だった。間近に迫る夏の暑さを先取りした気分。(先取りしたって何にもならないんだけどね。)

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。