2014-01 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燦燦 -さんさん-

20140130

sansan.jpg

2013年/日本/1時間21分(劇場で鑑賞)
監 督  外山文治
出 演
吉行和子  宝田明  山本學
田川可奈美  宮田道代  田内一子
都村敏子  竹居正武  遠山陽一

<あらすじ>
鶴本たゑ(吉行和子)は今年77歳。ショーウインドーの中のウエディングドレスを見ているうちに婚活を思い立ち、相談所の門をたたく。長年介護した夫を見送ってから7年。何か物足りなさを感じる日々を過ごしてきた。彼女は、職員の橘(田川可奈美)の仲介で数人の男性とお見合いをする中、離婚経験があるという能勢雄一郎(山本學)と意気投合、デートをするまでになる。そんなたゑを、幼なじみの森口慎二(宝田明)は苦々しい思いで眺めていた。病院長を務める彼は、たゑの亡き夫の親友で、地域の交流会燦燦会の会長である。彼女が燦燦会をたびたび欠席し、イケメン男性と会っているのが面白くないのだ。

<感想など>(ラストに関するネタばれを含みます)
笑って、じんわりきて、また笑って、の繰り返しで、感情をゆさぶられた81分。登場人物の一言一言が胸にしみ入る。その一つが「人生は毎日がスタートライン」。主人公たゑの、かみしめるような言葉がいい。私も若い頃はしょっちゅう「今日から始めよう」と思ったものだが、最近はそれもずいぶん少なくなった。スタートするのが億劫になるのだ。おっといけない、私はまだまだ、たゑさんの子どもほどの年齢である。

結婚相談所の若い職員がたゑを好意的な目で見ているように、私も彼女の人間性に惹かれ、幸せになってほしいと心から願っていた。そして物語も当然ハッピーエンドになるものと思っていた。実際、観る人によってはこの「ハッピーエンド」に安心するかもしれない。

でも物語をよ~く思い出してみよう。彼女は自分の身の振り方について結論を出しただろうか。お相手は素晴らしい。彼と一緒なら充実した人生を送れそうだ。それに究極のあの言葉。あの状況なら「ハイ、お受けします」と言うしかない。彼女も当然そう言うはず、というのが大方の見方だろう。けれども返事の一歩手前で話は終わっている。

そもそも、生きがい、充実感、幸せといった前向きな気持ちはどんな状況から生まれるのだろう。たゑは婚活の間に、表情もしぐさもどんどん変わっていった。よりよく生きるための努力が、人をこうも変えるのだということを証明してくれている。彼女だけでなく、周りにもその空気が波及し、ある者は家庭内のことをしばし忘れ、またある者は思いがけない本心に気づかされる。さらにたゑの「応援団」がにわか仕立てで結成される。景色でも同じことが言える。たゑの眼を通して映し出される東京タワーは、まるで彼女の心をうたうかのように煌めいていた。こういう経緯がまるでお祭りみたいに、生き生きと描かれている。

けれどもお祭りは長くは続かない。華やいだ時間の後に落胆の時が待っていた。そしてその後に…。短い婚活期間が、まるで山あり谷ありの人生模様のように描かれている。

この山と谷、実は終わってほしくなかった。近い将来おとずれるであろう「ハッピーエンド」より、この起伏の過程こそ、作品の意図するところなのだろう。最初にウエディングドレスを見せておきながら彼女にそれを着せないとは…。観客の期待を先延ばしする、この匙加減が絶妙だ。

さあ、今日からでもすぐに、やりたいことを始めよう!!!と、前向きにさせてくれる物語だった。で、何を始めるかというと、「ごちそうさん」のぬか床ファンでもある私は、まず吉行和子さんの出演作を古い順に観よう、と考えていたのだった。(これは覚悟して始めることではないのだけれど:笑)


スポンサーサイト

危険な関係

20140124

weixianguanxi2.jpg

2012年/中国/1時間50分(劇場で鑑賞)
監 督  ホ・ジノ
原 題  危険関係
英 題  Dangerous liaisons
原 作  ピエール・ショデルロ・ド・ラクロ『危険な関係』
出 演  
章子怡(チャン・ツィイー) 張柏芝(セシリア・チャン)
チャン・ドンゴン  竇 驍(ショーン・ドゥ)
盧 燕(リサ・ルー) 王奕瑾(キャンディ・ワン)

<あらすじ>
1931年の上海。敏腕実業家のジユ(張柏芝)は、名うてのプレイボーイ、イーフェン(チャン・ドンゴン)に危険な賭けを持ちかける。奉仕活動に献身するフェンユー(章子怡)をくどき落としたら、自分との結婚を承諾するというものだった。今も想い続ける初恋の人、ジユの言葉に揺れ動き、イーフェンは祖母(盧燕)のもとに身を寄せるフェンユーに近づく。しかし亡き夫を忘れられない彼女は彼を見ようともしない。やがて、イーフェンは自分の本心を見失い、フェンユーも頑なに閉ざしていた心を開き始める。

<感想など>(ラストに関するネタばれを含みます)
原作も過去の映画作品も知らず、主演三人だけをチェックした状態で鑑賞。
大して期待していなかったが、予想に反して最後まで集中力が持続、興奮覚めやらぬという感じだ。いやあ、面白かった!でも途中で後方から「原作と違うからがっかり」なんていうつぶやきが聞こえてきた。(うるさいっ:怒)白紙状態だからこその新鮮な感覚、キャスティングの絶妙さで、個人的には高評価をつけている。

始まって早々、章子怡、張柏芝の役柄は逆の方が自然ではないか、と感じた。お堅い未亡人を張柏芝、賭けを持ちかける<悪女>を章子怡、というように、だ。役者に対する先入観は意外に強い。

でも物語が進むうちにそんな想像が消えていった。思いがけない回想が頭をよぎったからだ。章子怡演じるフェンユーと、『初恋のきた道』のヒロインが重なるのである。大好きな先生のためにシャオビンを入れた籠を持って走る彼女は、15年ほどの時を経て、イーフェンのために料理の入った包みをかかえるフェンユーとなっていた!?こんな妄想が始まると、フェンユーに肩入れするしかない。逆に、賭けを持ちかけたジユの性悪さに我慢ならない。こんな嫌われ役を演じた張柏芝には拍手したい。

もう一人、過去の鑑賞作品と重なるのが、美術教師を演じる竇驍。『サンザシの樹の下で』の彼が、彼女を大切にしたように、本作のウェンジョウもベイベイ(王奕瑾)を心から慈しむ。二人の泣きながらかわす会話が、もうメロメロで、やり過ぎに見えなくもないが、後で彼の起こす行動につながると思えば、一見の価値あり!性悪女ジユに、ますます憎しみがつのる。(笑)

チャン・ドンゴンの出演を知っていたから、最初の気取ったチャラ男が彼だとわかったが、そうでなければ「何者?」と思うだろう。それほどまでに、これまで見たことのあるチャン・ドンゴンとは別人だった。逆三角の顎が全く彼らしくない。ファンユーに恋焦がれて憔悴しきった顔と、そんな気持ちをひた隠し冷血漢を演じている顔が圧巻だった。

ファンユーが自分の道を歩んでいくラストは後味が良かった。
原作がどうあれ、本作品はこのストーリーがベスト。

今度は女優二人の配役を逆にした作品を観たい。そうなれば『心願』の彼女が脳裏に現れるかもしれない。

ドラッグ・ウォー

20140118

duzhan.jpg

2012年/中国・香港/1時間46分(劇場で鑑賞)
原 題  毒戰
英 題  Drug War
監 督  杜琪峰(ジョニー・トー)
出 演
孫紅雷(スン・ホンレイ) 古天樂(ルイス・クー)
黄 奕(クリスタル・ホアン) 鍾漢良(ウォレス・チョン)
李光潔(リー・グアンジエ) 林家棟(ラム・ガートン)
郭 涛(グオ・タオ) 林 雪(ラム・シュ)
葉 璇(ミシェル・イエ) 高雲翔(ガオ・ユンシャン)

<あらすじ>
ジャン警部(孫紅雷)がドラッグの運び屋を大量検挙した直後、覚醒剤密売業者テンミン(古天樂)が病院に運び込まれる。爆発事故のあった工場から逃亡する途中衝突事故を起こしたのだ。ジャンは彼に、減刑とひきかえに麻薬密売捜査への協力を提案、テンミンも承諾する。こうして、テンミンが仲介する麻薬密売ルートを割り出すために、ジャンが率いる津海警察と、密売先を所轄する粤江警察との合同捜査が行われる。

<感想など>
最初から衝撃的なシーンを叩きつけられた。捕まったバスの乗客たちが、飲み込んだドラッグのカプセルを出させられる。ジャン刑事が彼らをまんまと出し抜いた大手柄だが、ここでの活躍はほんの序の口に過ぎない。

表面だけざっと見れば、中国公安の威信を証明するような内容だ。でもいわゆるプロパガンダ的なものでないことは観てのとおり。大陸の公安側対香港の麻薬密売グループという構図が最後まで続くのだが、どちらかというと香港側の方に好感を持ってしまう。香港サイドの人物の背景の方が詳しく描かれ、人間的な面を見せているのに対し、刑事たちについては、職務以外の情報がほとんど伝わってこない。大芝居を打つジャンやベイ(黄奕)は素晴らしいが、私生活の方は全く分からない。物語が終わってもその実感がわかないのは、公安側が最後まで謎めいていたからかもしれない。あの芸達者な刑事たちが何者なのか(刑事には違いないが)知りたい思いがつのった。

執念のぶつかり合い、せめぎ合いにもくぎづけになる。
家族を失ったテンミンが生き抜くことに凄まじい貪欲さを見せているように、刑事たちも犯人逮捕に命を懸けている。特に死んでも離すものか、という意思を見せつけたあの手錠。ジャンの気迫が、職務を越えたところから発しているかのように見える。当然のことながら、罪を犯した者は悪、犯人を追う立場は善。でも執念深さの点では両者互角。

最後、「毒に始まり毒に終わったか…」と思わずつぶやいてしまった。でもこれで本当に終わるのだろうか。かつて、テンミンが家族とどんな日々を過ごしていたのか。七人組はどんな経緯で結びついたのか?刑事たちの人間関係は?サイドストーリーがあれば、物語がより膨らむのではないだろうか。このままでは消化不良だ。なによりあのラストは後味が悪すぎる。

この作品も続編をお願いしたい。過去にさかのぼった内容を是非!!

フライング・ギロチン

20140105

xuedizi2.jpg

2012年/香港・中国/1時間53分
(《冬の香港中国エンターテイメント映画まつり》で鑑賞)
監 督  劉偉強(アンドリュー・ラウ)
原 題  血滴子
英 題  The Guillotines
出 演
黃曉明(ホァン・シャオミン) 阮經天(イーサン・ルァン)
李宇春(クリス・リー) 余文樂(ショーン・ユー)
井柏然(ジン・ボーラン) 文 章(ウェン・ジャン)
金士傑(ジン・シージエ) 

<あらすじ>
雍正帝統治下の清朝。暗殺部隊<血滴子>は、「反清復明」(清朝を倒し明朝を復活させる)を唱える反逆集団の首謀者天狼(黃曉明)の抹殺を命じられる。冷(阮經天)は仲間を率いて出発。ところが途中でその中の一人穆森(李宇春)が捕らえられ、仲間も次々と殺され、自らも天狼の手中に落ちる。朝廷は親衛隊の海都(余文樂)に対し、時代の汚点である<血滴子>の殲滅を命じる。冷は、天狼のカリスマ的存在感と、最後の拠点での共同生活を通して、彼の覚悟を知る。

<感想など>(ラストに関するネタバレを含みます)
残酷この上ない内容であることは百も承知。覚悟を決めて(笑)観に行った。
彼らが扱う暗器は、タイトルのごとくターゲットの首に向かって宙を飛び、瞬時に命をとるギザギザ円盤。テロップによれば、残された史書にその記述はなく、伝説上の武器とのこと。時の為政者にとって都合の悪いことが書かれない(あるいは削除される)のは当然だろう。

実は、この暗器そのものにはあまり残酷さを感じなかった。瞬時に息の根を止めるスピード感が恐怖を遠ざけてくれ、残った遺体の映像がいかにも作り物に見えたからだ。剣や刀に比べるとリアリティははるかに低い。それより、<血滴子>のメンバーが命を落としていく場面の方が耐え難かった。紅一点の穆森が殴る蹴るの暴行を受けるシーンはひどすぎて怒りさえおぼえた。極めつけは衆目の前で繰り広げられるあの光景。ここまで暴力を積み重ねる理由が、果たしてあるのだろうか…。

終盤にさしかかると、神がかり的だった天狼の別の一面が表れる。次の為政者乾隆帝(文章)の掲げた政策基盤に、前皇帝の恐怖政治への戒めがあった、という解説からは、酷いシーンを多く挿入した意図が見えてくる。作品自体の目的を考えさせられた。

物語の真髄は、阮經天演じる冷の心理的葛藤にあるのだろう。アイデンティティの人一倍強い彼が、精神的暴力でねじ伏せられたまま成長し、あるとき突然本当の自分と向き合うことになる。そのきっかけとなったのが、敵である天狼との出会いだったのではないか。そう考えると、主人公は冷に思えてくる。

しかしながら、くるくる変わる表情と強い説得力で人々の心をつかむ天狼は、他の誰よりも存在感があって、観ている自分まで彼の虜になってしまった。まあ、黃曉明だからそういう心境になるのも無理はないが。(笑)一方、氷のような海都は、解説では悪役的扱いだったが、そうとも言いきれない。冷とは逆に「自分」を持とうとしない、時代が作り上げた人物像と言えそうだ。

眼を覆いたくなる残虐シーンの数々が、強い平和希求の手立てとして用いられているようにも感じられたが、作り手はどう考えているのだろう。


名探偵ゴッド・アイ

20140104

mangtan.jpg

2013年/香港・中国/2時間10分
(『冬の香港中国エンターテイメント映画まつり』で鑑賞)
監 督  杜琪峰(ジョニー・トー)
原 題  盲探
英 題  Blind Detective
出 演  
劉徳華(アンディ・ラウ) 鄭秀文(サミー・チェン)
郭 涛(グオ・タオ) 林 雪(ラム・シュ)
高圓圓(カオ・ユエンユエン)

<あらすじ>
警官のホー(鄭秀文)は、上司のシト(郭涛)の指示で盲目の探偵ジョンストン(劉徳華)を追跡して犯人逮捕にこぎつける。しかし事件解決による懸賞金が生活の糧である彼にとっては怒りがおさまらない。この縁でジョンストンと知り合ったホーは、彼の捜査を手助けすることとなり、共に連続少女失踪事件の真相を探り始める。実は、ホーが警官になるきっかけは、突然姿を消したシウマンという少女の行方を探すためだった。ホーはジョンストンのアドバイスから想像力を鍛えていく。

<感想など>
ここ数か月の中では一番笑った作品。劉徳華、鄭秀文のコンビネーションが抜群。かつてダイエットしようとする男女を演じたのもこの二人だったのでは?息つく間もないマシンガントークとテンションの高いパフォーマンスを見せてもらいお正月気分も最高潮!(でも元に戻るのがたいへん…)

いわゆる名探偵もののように、綿密な推理が物語の核となるわけではない。まるで、ストーリーの方がジョンストンの想像通りになっていくようで、こちらは明るい結末を待っている気分。でも安心はできない。

コメデイなのだが、よ~く観ればシリアスな話が核になっていると思う。ジョンストンが視力を失ったきっかけや、未解決事件の真相、現在のシウマンなど、笑いや妄想の中に見え隠れする現実感が、目を覚ましてくれるよう。

いちばんキュンときたのは、「I love you」と言われたホーが、ベッドの上で蝦みたいに丸くなって、伸び縮みしながら喜んでいるところ。

両主役が心から演技を楽しんでいるのを観て、こちらも心が浮き立った。

mangtan4.jpg

項羽と劉邦

20140101

hongmenyan2.jpg

2011年/中国/2時間15分(劇場で鑑賞)
監 督  李仁港(ダニエル・リー)
原 題  鴻門宴
英 題  White Vengeance
出 演  
黎 明(レオン・ライ) 馮紹峰(ウィリアム・フォン)
黃秋生(アンソニー・ウォン) 張涵予(チャン・ハンユー)
劉亦菲(リウ・イーフェイ) 安志杰(アンディ・ホイ)
陳小春(ジョーダン・チャン) 午 馬(ウー・マ)
陳之輝(チェン・チーフイ) 修 慶(シウ・チン)

<あらすじ>
秦朝末期、圧政に反旗を翻す者たちの中で、項羽(馮紹峰)と劉邦(黎明)は意気投合、連合軍を結成する。秦軍討伐の際、項羽から彼の愛妻虞姫(劉亦菲)の護衛を頼まれた劉邦は、項羽より先に秦都咸陽に到着。楚の懐王(趙会南)の提議に基づき覇権を手にするかに見えた。だが項羽の怒りをかい、以後両者は敵対関係になる。武力で劣勢とみた張良(張涵予)は、劉邦に覇権放棄と謝罪を進言。こうして鴻門に宴の席が用意される。ここで劉邦暗殺を前提とした、范増(黃秋生)、張良両策士による囲碁の対決が始まる。項羽側優勢と思われた矢先、劉邦の臣下韓信(安志杰)が懐王の「特赦令」を持参、劉邦は解放される。

<感想など>(ネタばれしています)
物語は、あの「鴻門宴」から時がたち、学者(午馬)と学生たちが史実を検証しようとする場面から始まる。するとそこに突如謎めいた男が出現、史実を覆すような発言をする。このストーリーは彼の体験談、という設定だ。従来と異なる話であることを予告され、予測不能のワクワク感が高まっていく。

項羽と劉邦の話には思い入れがある。小説やドラマで韓信ファンとなり、項羽と劉邦の覇権争いにはアドレナリンが沸騰(笑)、京劇の「霸王別姬」で項羽と虞美人のやりとりに心を奪われた。だからキャスティングには興味津津、今回の配役には小躍りしたくなった。だって、安志杰の韓信、陳之輝の夏侯嬰ですよ~ 主役級に比べると出番は少ないものの、二人が手合わせする夢のようなシーンがあって、これだけでもう大満足。国士無双韓信は、「韓信の股くぐり」の屈辱からのし上がり、「背水の陣」で功績をあげた実力者。けれどもとっても気の毒な最期をとげる。かたや夏侯嬰は劉邦の幼なじみで心の厚い忠臣。どちらもぴったり。あと忠臣蕭何を演じる修慶も、控え目な立ち位置ながら好感度大。ナイスキャスティング!

話がそれてしまった。これは「項羽と劉邦」である。でも、最後まで観ると内容的には「范増と張良」ではないかと。出番が多いのは「項羽と劉邦」。でも彼らを頭脳で助ける「范増と張良」は、タイトルの二人に匹敵する存在感がある。独特のオーラを放ち、見方によってはより深く心に刻まれる。鴻門宴での囲碁五番勝負とは、なんて斬新な発想だろう。そして時間稼ぎも作戦のうち、とは。さて次の瞬間、碁盤に集中していた目が早馬の韓信に注がれる。この白熱する展開はもう一度見たい。

馮紹峰は、『妖魔伝~レザレクション~』で「チェックしたい人物」だったのを思い出した。この項羽のキャスティングもいい!『グリーン・デスティニー』の張震を彷彿とさせ、ものすごいインパクト!最後の場面も注目していたが、なるほどまさに「霸王別姬」のメロドラマ感たっぷりだった。(笑)やはりこれははずせないシーンだ。

はすせない、といえば劉邦の妻、呂雉(りょち)。彼女はどこへ行ったのだろう。でも全体の流れからみると、劉邦は主役と書かれながらやや脇役的扱いにもみえる。もし彼女がいたら物語の焦点がぶれたかもしれない。呂雉不在でよかったのかも。

黎明の劉邦はかなり意外だった。劉邦にしては顔立ちが上品すぎると思ったからだ。でもふたを開けてみたら、黎明の顔が以前よりもゴツくなっている気がして結構劉邦っぽく見えた。

「霸王別姬」以降は駆け足状態。最大の見せ場は中文タイトル「鴻門宴」だが、全体の内容は邦題「項羽と劉邦」だった。

<追記>
年末に鑑賞し、感想は年越しとなりました。期間限定の単館上映ですが、ぜひ各地で上映していただきたいです。近辺で上映されたらまた足を運ぶでしょう。ところで同様に項羽と劉邦を描いたもう一本の作品『項羽と劉邦 鴻門の会』(原題『王的盛宴』)が来月DVDリリースとのこと。こちらは劉燁(劉邦)、呉彦祖(項羽)、張震(韓信)というキラキラした男たち(笑)による競演! 一般公開はないのかしら~

プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。