2010-02 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜 伏 第7集~12集

20100226

   

2009年/中国/全30話/10DVDs(中国版DVD)
監 督  姜 偉
原 作  龍 一『潜伏』
語 り  涂 涛
出 演  孫紅雷(スン・ホンレイ) 姚 晨(ヤオ・チェン)
      馮恩鶴(フォン・エンフー) 瀋傲君(シェン・アオチュン)
      呉 剛(ウー・ガン) 范雨林(ファン・ユィリン)
      朱 杰(ジュー・ジエ) 劉昌偉(リウ・チャンウェイ)
      馬軍勤(マー・ジュンチン) 徐婧霊(シュー・チンリン)
      劉言語(リウ・イェンユゥ) 祖 峰(ズー・フォン)
      張国慶(チャン・グオチン)

<あらすじ>
国民党の軍統(軍事委員会調査統計局)天津支部では、共産党への機密漏洩が発覚。馬奎(范雨林)と陸橋山(呉剛)に調査命令が下る。嫌疑をかけられた余則成(孫紅雷)には終始監視の目が光っていた。

載笠局長が状況調査のため天津支部を訪れる。穆連成(張国慶)と結託している呉部長(馮恩鶴)は裏取引の事実をひた隠しにする。則成はこれを口外しない約束をして、彼の信頼を得る。載局長は帰途についたが、彼を乗せた飛行機が行方不明になる。共産党への機密漏洩は確信的となる。

馬奎は呉部長を疑う。さらに彼は、則成が接触していた共産党地下組織の秋季(劉昌偉)を捕らえる。しかし秋は舌を噛み切る。そんなとき「帰郷途中の翠平が匪賊に襲われ行方不明」との情報が入るが、ほどなく釈放され、「偽夫婦」は再会。2人は国民党内を疑う。

則成は機密書類からコードネーム「仏壇」の存在を知り、写真からその人物を割り出して、左藍(瀋傲君)に伝達。「仏壇」とは国民党が潜入させたスパイで李涯(祖峰)という名であることが判明。左藍は馬奎と接触し、秋季と「仏壇」の交換を交渉。取引は成立する。

馬奎が左藍と接触した場面を陸橋山が目撃、彼を共産党のスパイ「峨眉峰」であると上層部に報告。捕らえられた馬奎は護送されるが、途中で逃走する。彼は自分をはめた左藍を狙っていた。

続きを読む

スポンサーサイト

台北に舞う雪

20100222

         

2009年/中国・日本・香港・台湾/1時間43分(劇場で鑑賞)
監 督  霍建起(フォ・ジェンチイ)
原 題  台北飄雪
英 題  Snow Fall in Taipei
出 演  陳柏霖(チェン・ボーリン) 童 瑤(トン・ヤオ)
      楊祐寧(トニー・ヤン) 莫子儀(モー・ズーイー)
      蔡淑臻(ジャネル・ツァイ) 紀培慧(テレサ・チー)
      金士傑(ジン・シージエ)
     
<あらすじ>
台湾の小さな町、菁桐。身寄りのないモウ(陳柏霖)は近隣の人々の援助で成長、その恩返しの気持ちから、毎日皆のために忙しく働いている。ある日この町に、メイ(童瑤)という新人歌手が降り立つ。声が出なくなり、周囲の人に黙って逃げてきたと言うのだ。モウはあれこれ世話を焼いているうちに、彼女を好きになっていく。一方、台北では新人歌手失踪のスクープを記事にするため、記者のジャック(莫子儀)がメイの行方を追っていた。やがて彼はメイが最初に宿泊した旅館をつきとめ、菁桐へと急ぐ。メイのプロデューサー、レイ(楊祐寧)は、マネージャーのリサ(蔡淑臻)の話から、彼女がのどを痛めた事実を初めて知ったのだった。


続きを読む

潜 伏 第1集~6集

20100221

  

2009年/中国/全30話/10DVDs(中国版DVD)
監 督  姜 偉
原 作  龍 一『潜伏』
語 り  涂 涛
出 演  孫紅雷(スン・ホンレイ) 姚 晨(ヤオ・チェン)
      馮恩鶴(フォン・エンフー) 瀋傲君(シェン・アオチュン)
      呉 剛(ウー・ガン) 范雨林(ファン・ユィリン)
      朱 杰(ジュー・ジエ) 石文忠(シー・ウェンチョン)
      卡 涛(カー・タオ)

<あらすじ>
1945年、中国の重慶。余則成(孫紅雷)は国民党の特務だが、党の腐敗を知って苦悩していた。そんなある日、裏切り者李海豊(石文忠)を暗殺するための身辺調査を命じられ、上司呂宗方(卡涛)と共に南京に行く。彼は、李海豊に接近した呂宗方が射殺されるのを目撃、尊敬する呂の死にショックを受ける。余則成は李海豊の行動を綿密に調査した上で彼を暗殺。この手柄により昇進を果たす。

その後、亡き呂宗方と、余則成の恋人左藍(沈傲君)が共産党員で、2人が余則成を共産党に引き入れようとしていたのを知る。左藍は則成と共に延安に行きたいと言うが、則成は生活に政治を持ち込まず個人としての幸せを望んでいると話す。やがて2人の接触を国民党側が知り、スパイの嫌疑がかかった余則成は撃たれるが、共産党側により救助される。

静養していた余則成は、国民党の腐敗に絶望し、共産党に身を投じたいと話す。こうして彼は共産党員としてスパイ教育を受けた後、国民党に「生還」する形で潜入。呉部長(馮恩鶴)から夫人の同伴を求められた余則成は、共産党の手配で仮の妻を迎えることになる。「妻」の名は翠平(姚晨)。農村から来た彼女は、文字もマナーも知らず、則成は地下活動を続ける上での心配がつのる。それでも彼女は呉夫人(馬軍勤)からマージャンの相手として可愛がられていた。

やがて商務会館で共産党側との対面が果たされる。訪れた八路軍代表の中には、ソ連から帰ったばかりの左藍がいて、久しぶりの再会に余則成は緊張する。

続きを読む

続・少林寺三十六房

20100217

        

1980年/香港/1時間39分(レンタルDVD)
監 督  劉家良(ラウ・カーリョン)
原 題  少林搭棚大師
英 題  Return to the 36th Chamber
出 演  劉家輝(リュー・チャーフィー) 王龍威(ワン・ロンウェイ)
      小 侯(シャオ・ホウ) 江 島(チャン・タオ)
      権永文(チァン・ユンウェン) 恵英紅(ベティ・ウェイ)
      華 倫(ワー・ルン) 京 柱(チン・チュウ)

<あらすじ>
清の時代。染物工場の従業員たちは、悪徳経営者による工賃引き下げや、粗悪な原料の調達に怒り心頭、ついに殴り込みをかける。しかし経営者たちは腕利きである上、後ろ盾には清朝の役人がいて、とてもかなわない。そこで物まね上手のチェンチェ(劉家輝)に白羽の矢が立つ。少林寺のサンダ和尚になりきって賃上げ交渉をしてほしいと頼まれたのだ。しかし、最初のうちは騙せたものの、やがて嘘だとばれてしまう。チェンチェは武術習得を志し一路少林寺へ。僧に成りすまして三十六房に入り込む。本物のサンダ和尚(京柱)に会ったチェンチェは、早速弟子入りを懇願する。「岩で水を汲む」ことをマスターしたチェンチェに、サンダ和尚は36の房すべてに足場を組むよう命令する。

<感想など>
先日の「少林寺三十六房」の続編かと思ったら全く別のストーリーだった。
劉家輝扮する僧が寄進集めをする姿を見て、サンダが住持の命令を遂行しているのだと
信じて疑わなかった。
また、チャンチェという名は、サンダの偽名だと思っていた。
彼が実際に武術ができないとわかったとき、ようやく前作との関連を断ち切ることができた。
以下は完全なネタバレです。

続きを読む

少林寺三十六房

20100216

        

1977年/香港/1時間55分(レンタルDVD)
監 督  劉家良(ラウ・カーリョン)
英 題  The 36th Chamber of Shaolin
出 演  劉家輝(リュー・チャーフィー) 羅 烈(ロー・リエ)
      李海生(リー・ホイサン) 徐少強(ツイ・シュウケン)
      劉家榮(ラウ・カーウィン) 袁小田(ユエン・シャオティエン)
      唐偉成(トン・ワイシン) 汪 禹(ワン・ユー)

<あらすじ>
舞台は17世紀、明滅亡後の中国。人々は清の圧政に苦しんでいた。リュー・ユーダ(劉家輝)は教師の影響で明復興運動に参加するが、この地下活動がばれて、家族や仲間が次々と殺される。復讐するには武芸を身に着けることが必要だ。こう考えたユーダは友人と少林寺に向かうが、途中その友人も殺される。命からがらたどり着いた少林寺では、一旦は「復讐心が強い者は許可しない」と言われたものの、大師の深い慈悲から入山を許可され、「サンダ」と改名。1年間雑用の日々を送った後、サンダは35の房で武芸を習うことが許される。

<感想など>
最近鑑賞したカンフーものの中ではピカイチ!まさに絶品!!
大興奮の渦に巻き込まれての鑑賞だった。(一人なのにね:笑)
30年以上前の作品で、舞台装置や衣装には当然歴史的な渋さがあり、突っ込みどころは多い。
(血が朱色、剣が銀ピカで銀の斧みたい、かつらの生え際がビミョー…etc…)
しかし話の展開は面白いし、キャラクターは濃いし、そしてカンフーは目を見張るような
素晴らしさで、突っ込むこと自体無意味に思えてきた。
ともかく終始釘づけ状態である。

見所は主人公が35の房を次々とクリアしていくところ。以下は完全なネタバレです。

続きを読む

大秦帝国  第46集~51集(終)

20100214



2006年/中国/ 全51回(中国版DVD)
監 督  黄健中(ホアン・ジエンジョン)/ 延 芸(イェン・イー)
原 作  孫皓暉『大秦帝国 第一部 黒色裂変』
英 題  The Qin Empire
出 演  王志飛(ワン・ジーフェイ) 高圓圓(ガオ・ユェンユェン)于 洋(ユィ・ヤン)
      劉乃芸(リウ・ナイイー)斉 芳(チー・ファン)苑 冉(ユェン・ラン)
      侯祥齢(ホウ・シアンリン)孫飛虎(スン・フェイフー)任 偉(レン・ウェイ)
      李海鴿(リー・ハイグー)郭常輝(グオ・チャンホイ)慮 勇(ルー・ヨン)
      李立群(リー・リーチュン)王 輝(ワン・ホイ)陳之輝(チェン・チーホィ)
      孫蛟龍(スン・ジャオロン)趙 楊(チャオ・ヤン)

<あらすじ>
甘龍(孫飛虎)は、商君(王志飛)に関する訴状を持って、新王(劉乃芸)に参内する。訴状の中で、王軾(任偉)の罪を軽減したことに対する公正な調査を依頼し、残酷な刑や商君の独断に対する人々の反感などを伝える。新王はこれに対し明確な回答を避ける。

新王は贏虔(慮勇)に再会。贏虔は、甘龍のたくらみは復讐と政権復帰にあると話した上で、20年以上前贏駟(現新王)が陥れられた事件の真相を明かす。甘龍の息子甘成に雇われた農夫たちが、麦の袋と砂の袋を入れ替えたというのだ。さらにこう話す。老世族の商君に対する恨みは深い。秦国は新法なくして存続不能だが、商君がいなくても存続可能だ。商君がいる限り新王の立場は永遠にない、と。

商君は辞職を考える。そして、新王に、復古主義勢力をそぐ大事業を託すべく、死をも覚悟する。商君は自身の封地、商於郡に赴くが、甘龍らはこれを逃走として判断、違法であると主張する。やがて商於の地に、贏虔の率いる軍、車英(侯祥齢)の率いる軍、さらに公孫賈らが集結。商君を匿う商於側と、反商君の側が激しく衝突、双方に犠牲者が出る。

商君は咸陽に帰る決断をする。荊南(孫蛟龍)から商君の状況を聞いた白雪(高圓圓)は、息子の子[山令]と梅姑(趙楊)に墨家へ行くよう指示し、単身咸陽へと向かう。商君は裁かれるのを覚悟で、自ら牢獄へ。熒玉(斉芳)は夫商君のために奔走するが、願いかなわず憔悴しきって病に倒れる。

商君は監獄を訪れた新王に対し、遺言を託す。

続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地発狂

20100213



 1993年/香港/1時間34分(レンタルDVD)
 監 督  劉國偉(マーティン・ラウ)
 原 題  黄飛鴻之男兒當報國
 英 題  FIST FROM SHAOLIN
 出 演  王 群(ウォン・クウァン) 黄一山(ウォン・ヤッサン)
      郭秀雲(クォック・サウワン) 計春華(ジー・チュンホワ) 
      譚 俏(タン・チウ) 邱建國(ヤウ・キンクォク)
      李連杰(リー・リンチェイ) 


<あらすじ>
清朝末期。黄飛鴻(王群)は弟子のクアン(譚俏)、アソー(黄一山)とともに広州港にやってきた。飛鴻の親戚、十三叔母さん(郭秀雲)を出迎えるためだ。広州の街は不穏な空気に包まれていた。飛鴻は、旅芸人の姉弟が男たちからからまれ怪我をさせられたところを助ける。また、毒が塗られた刃物で切られた男を治療する。豚の商いをする男は、飛鴻に心酔し弟子入りを志願、「自分の土地で診療所を開いてほしい」と頼む。これをきっかけに、飛鴻は「寶芝林」を開設するが、式典の最中、飛鴻らに恨みを持つ十一(計春華)らが闖入してくる。

続きを読む

エンプレス 運命の戦い

20100207

        エンプレス

2008年/香港・中国/1時間35分(レンタルDVD)
監 督  程小東(チン・シウトン)
原 題  江山美人
英 題  An Empress and the Warriors
出 演  陳慧琳(ケリー・チャン) 甄子丹(ドニー・イェン)
      黎 明(レオン・ライ) 郭暁冬(グオ・シャオドン)
      寇振海(コウ・ジェンハイ) 陳之輝(チェン・チーホィ)
      張 山(チャン・シャン) 劉偉華(リウ・ウェイホワ) 

<あらすじ>
戦国時代。燕国と趙国が死闘を繰り広げる中、燕胡霸(郭暁冬)は伯父である燕王(劉偉華)を暗殺。彼は野心が強く、王の養子、慕容雪虎(甄子丹)が自分より重んじられていることを妬み、謀反を企んでいたのだ。王の逝去により、娘の燕飛児(陳慧琳)が王位継承者となる。武術の心得のない彼女は、義兄雪虎の特訓を受け、少しずつ腕をあげていく。一方、水面下では胡霸や二豹(陳之輝)らによって飛児暗殺計画が進められていた。ある日飛児は毒矢を受けて絶体絶命となる。

飛児は、森に独居する段蘭泉(黎明)に助けられる。彼は10年前の激戦で一族すべてを失った朔月戦士だった。療養して完治した飛児は燕に帰国する。

飛児率いる燕国は優勢に戦いを進め、趙王(張山)と公子(延杰)を捕らえる。しかし彼女は戦いの無意味さを説き、2人を見逃す。飛児は王位継承権を放棄、蘭泉のもとへと走る。一方、胡霸一派は、雪虎の忠臣滕伯常(寇振海)らを殺し、さらに蘭泉の住居を襲撃。解毒薬の効かない矢が、蘭泉の背に刺さる。飛児はすぐもどると言い残して燕へと向かう。

続きを読む

大秦帝国  第40集~45集

20100205

2006年/中国/ 全51回(中国版DVD)
監 督  黄健中(ホアン・ジエンジョン)/ 延 芸(イェン・イー)
原 作  孫皓暉『大秦帝国 第一部 黒色裂変』
英 題  The Qin Empire
出 演  侯 勇(ホウ・ヨン) 王志飛(ワン・ジーフェイ) 于 洋(ユィ・ヤン)
      劉乃芸(リウ・ナイイー)呂 中(リュイ・チョン)斉 芳(チー・ファン)
      苑 冉(ユェン・ラン)周玉華(チョウ・ユィホワ)任 偉(レン・ウェイ)
      姜化霖(ジアン・ホァリン)侯祥齢(ホウ・シアンリン)孫飛虎(スン・フェイフー)
      李海鴿(リー・ハイグー)郭常輝(グオ・チャンホイ)慮 勇(ルー・ヨン)
      李立群(リー・リーチュン)王 輝(ワン・ホイ)梅生翔(メイ・ションシャン)

<あらすじ>
商君(王志飛)は、贏駟(劉乃芸)を太子として擁立するよう孝公(侯勇)を説得。景監(于洋)は早速贏駟の捜索を開始する。贏駟は諸地域を巡る中、小白山という青年と懇意になるが、かつて自分の暴挙で彼の父が死去した事実を知り愕然とする。景監の報告を受けた孝公は、贏駟の住む小屋にやってきて、両者は対面。父子共に咸陽に帰る。その一方で、商君は、かつて罪人として処した公孫賈の行方を調査していた。贏駟は正式に太子となり、商君を師として仰ぐ。

名医扁鵲(梅生翔)は、孝公が余命わずかであることを告げる。王の心残りは、墨家の玄奇(苑冉)だ。孝公の妹で商君の妻、熒玉(斉芳)は、身重でありながら彼女を探しに出る。その頃、墨家は分裂の危機にあったが、二代目巨子、禽滑厘(周玉華)は熒玉の報を受けて玄奇に孝公のもとへ行くよう諭す。2人共に咸陽へ帰る途中、熒玉は落馬、流産してしまう。

孝公と玄奇の婚礼がとり行われる。太后(呂中)は病床で娘熒玉に遺言を託す。それは、長男贏虔(慮勇)の暗殺を示唆するものだった。そして王の死後は商君と秦を出るようにと言い遺す。こうして太后は逝く。

孝公と甘龍(孫飛虎)が対面。老世族の商君に対する恨みの深さに、王は戦慄をおぼえる。そんな中、兄贏虔が逝去。子供2人は太子府に居住することとなる。また、孝公は後患の憂いを取り除くため甘龍暗殺の意思を示すが、商君は法に背く考えとして認めない。

函谷関を訪れた孝公が倒れる。死の間際、彼は商君に即位を要請、しかし商君は太子の補佐役に徹することを約束。太子駟は法の遵守を誓う。紀元前338年、孝公は46歳で逝去。これに伴い太子駟が即位する。しかし孝公を失った打撃は大きく、二代の王に仕えた黒伯(姜化霖)は墓前で殉死、上大夫景監は病気になり、王軾(任偉)は悲しみのあまり剣を振り回して取り押さえられる。王軾の刑は大幅に軽減され、商君は「初めて法を破った」と言って倒れる。一方、贏虔の娘華妹は驚くべき事を新王に告げる。何と父は生きているというのだ。



黒 伯(姜化霖:ジアン・ホァリン)

続きを読む

プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。