2009-06 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シネマ歌舞伎特別編 牡丹亭

20090630

             
2009年/日本/2時間25分(劇場にて鑑賞)
第一部 ドキュメンタリー編 『玉三郎16Days in蘇州』
第二部 舞台編 『牡丹亭』
 (2009年3月13日~15日 於:蘇州科学技術文化センター)

<内容・感想など>
第一部では、昆劇の女形を演じるために稽古を積む
坂東玉三郎氏の姿、
氏と蘇州の劇団員とが交流する様子が、
自然に流れていきます。
第二部では、実際の舞台をスクリーンで堪能できました。
もう、終始釘付け状態です!

第一部で蘇州の運河が映し出されたとき、
懐かしさで胸がいっぱいになりました。
蘇州へ行ったのは確か1987年秋のこと。
杭州から一晩かけて、運河を連結船でゆっくりゆっくり
進んでいったのでした。
川沿いに並ぶ白壁作りの家々や両岸を結ぶ石橋は
当時のままです。
こうした変わらないところがあるかと思えば、
最近作られたような繁華街もあり、
年月の推移を思わずにはいられません。
さてその大通りを、玉三郎氏が車の間をぬって
、ぴょんぴょんと渡っていく場面。
大丈夫?とハラハラしながらも、
その軽やかな身のこなしが風景にとけこんでいて、
映画のワンシーンを観るようで、何だか楽しくなってきます。
黒の中国服を着こなし、口元に笑みを浮かべた短髪の玉三郎氏が、
かつての革命家に見えてきました(笑)

昆劇とは、蘇州地方で600年も続いている伝統劇。
今回玉三郎氏が演じるのは、昆劇の代表作『牡丹亭還魂記』の主人公、
杜麗嬢(とれいじょう)です。
蘇州語台詞と歌、昆劇独特の振り付けを一つ一つ習い、
ホテルでも休むことなく稽古する様子からは、
中国の伝統芸能に対する尊敬の念が感じられます。
「言葉の壁は越えられない」と悟った上での挑戦は、
どんなに重圧だったことでしょう。

こうして本番第二部の幕開けとなります。あらすじは次の通り。
令嬢の杜麗嬢は夢で柳夢梅(りゅうむばい:兪玖林)と熱烈な恋に落ち、
結ばれます。
ところが夢から覚めた杜麗嬢は、落胆のあまり病にかかり、長患いの末、
息を引きとるのです。
しかし・・・!!!
こんな大どんでん返しがあるとは思いもしませんでした。
結局、最後はこの世?それともあの世?(妙な疑問だと思うのですが…)

玉三郎氏は完全に杜麗嬢になりきっています。
アップになった顔も乙女そのもの。
言葉では形容できないほどの美しさと、
張りのある声に惹きつけられます。
スクリーンの中の観客が拍手すると、
自分も思わず手を合わせてしまいました。
(そういう動作をした人が周りにもいました。)
「会場の観客に合わせて拍手していいですよ~」と
言ってくれたらよかったのに(笑)
やはり実際の舞台が見たい!!

ラストの挨拶では、玉三郎氏の目に光るものが
見えた気がしました。

機会があれば、今回の昆劇と、坂東玉三郎出演の歌舞伎も
見に行きたいものです。
斜向かいには歌舞伎座があって、動機づけとしては強烈!
こうしたシネマの企画は、実際の舞台を見るきっかけとして
有効だと思います。
スポンサーサイト

殺虎口

20090626

     

2009年/中国/全31話/6DVDs(中国版)
監 督  徐紀周
出 演  李光潔  張 磊  陶飛霖  唐于鴻  沙景昌
     陶 蓉  李 建  李天洋  楊 山  高昌呉
     呉 晴  于鴻洲  王偉安  陳健飛
     夏 凡  葉 挺  朱瑞祥  郭凱敏

<あらすじ>
1942年、日中戦争最中の《殺虎口》。この地で八路軍の兵士や武器弾薬が忽然と消える事件が起こり、元匪賊の白朗<バイラン>(李光潔:リー・グァンジエ)に単独潜入捜査の指令が下る。《殺虎口》は万里の長城以北と中心部をつなぐ要塞で、一つの村として代々銭<セン>一族が管理してきた。白朗は、殺虎口の長、老刀把子<ラオダオバーズ>(沙景昌:シャ・ジンチャン)とは敵対関係にある。しかし息子の銭佳皓<チエン・ジアハオ>(張磊:チャン・レイ)、娘の虎[女丑]<フーニウ>(陶蓉:タオ・ロン)ら、白朗の気質に惚れこんだ者たちが彼の元に集まり、志を一つにする。ところが銭佳皓は、彼らを裏切らざるを得ない事態に陥る。

続きを読む

我想聽見你

20090624

 著 者:東明相(イーストン・ドン)〔台湾〕

 刊 行:2008年1月

 言 語:繁体字中国語

 出版社:大田出版有限公司(台湾)

 サイトはこちら→http://www.titan3.com.tw/vision022/



<内容>
映画『練習曲』の主役、東明相氏による画文集。
序章に続く下記の4章それぞれに、10編余りの詩とイラストが載っています。
1. 傾聽展開了
2. 愛是什麼様的謦音
3. 聽見風的風味
4. 為你而開的世界



続きを読む

大秦帝国 PartⅠ・PartⅡ

20090619



2006年/中国/ PartⅠ: 238分 PartⅡ: 277分(劇場で鑑賞)
監 督  黄健中(ホアン・ジエンジョン)/ 延 芸(イェン・イー)
原作ドラマタイトル  新大秦帝国 第一部黒色裂変(全51話)
英 題  The Qin Empire
出 演  侯 勇(ホウ・ヨン) 王志飛(ワン・ジーフェイ) 呂 中(リュイ・チョン)
     孫飛虎(スン・フェイフー) 慮 勇(ルー・ヨン) 尤 勇(ヨウ・ヨン)
     高圓圓(ガオ・ユエンユエン) 斉 芳(チー・ファン) 李立群(リー・リーチュン)
     杜雨露(ドゥ・ユィルー) 劉乃芸(リウ・ナイイー) 許還山(シュー・ホアンシャン)

<あらすじ>
紀元前362年、献公(許還山)率いる秦軍は、奪われた領土を取り返すべく魏に侵攻するが、撤退を余儀なくされる。敵方の公叔痤(杜雨露)を捕らえた次男の贏渠梁(候勇)はその能力を買われ、父献公亡き後第25代君主孝公として即位する。強国となるためには改革が必要と考えた孝公は有能な人材を広く募集。そんなとき魏の宰相だった衛鞅(後の商鞅)(王志飛)と出会う。孝公の志に共鳴した衛鞅は「変法」といわれる改革を断行、猛反発を買いながらもこれを浸透させていく。

続きを読む

アンディ・ラウの獄中龍

20090616



 1990年/香港/1時間39分(レンタルDVD)
 監 督  鄭則仕(ケント・チェン)
 原 題  獄中龍 / DRAGON IN JAIL
 出 演  劉徳華(アンディ・ラウ) 何家勁(ケニー・ホー)
       黎 姿(ジジ・ライ) 何家駒(ホー・カークイ) 程 東(チン・トン)



<あらすじ>
ホー(劉徳華)とウェン(何家勁)は少年鑑別所で共に過ごした親友同士。敏腕弁護士の義父をもつウェンが経済的に恵まれているのに対し、ホーの家は貧しく、成績優秀でも大学をあきらめざるを得なかった。彼は出所後、日中は工場で働き、夜は定時制の学校で教師をしていた。そんなある日、かつてホーが殺してしまった男のボスが、敵討ちを名目に執拗な嫌がらせを始める。ホーは、鑑別所時代の友人アモウ(程東)への相談がきっかけで、黒社会に足を踏み入れることになる。

続きを読む

游剣江湖

20090614


2006年/香港・中国/全40話/10DVDs(レンタルDVD)
監 督 劉小平
原 作 梁羽生『游剣江湖』
出 演 陳 龍 郭羨妮 何家勁 陳錦鴻 陳怡蓉 朱雨晨
    李 倩 李天翔 康 晶 李建群 劉衛華 劉立偉 李佳倚
    袁丈飛 趙 亮 潘 虹 楊旻娜 姚 嵐 李小雷 王亜楠

<冒頭のあらすじ>
孟元超(陳龍:チェン・ロン)は師匠の義兄弟、雲在山に会うため威武[金票]局を訪ねる。しかし在山はすでに他界、その妻(康晶)と娘の雲紫蘿(郭羨妮:ソニア・クオック)が[金票]局を切り盛りしていた。元超が手伝いを始めてしばらくたったある日、威武[金票]局は花嫁の警護を依頼される。変な男が彼女につきまとうため、嫁ぎ先までの道中が危ぶまれるのだという。男の名は繆長風(何家勁:ケニー・ホー)。長年江湖をさすらってきた風来坊だ。花嫁に一目ぼれして以来あきらめられないのだと言う。

<感想など>
物語の舞台である「[金票]局」が興味深かった。
[金票]局(ひょうきょく)とは今でいう運送会社とみていいだろう。客から依頼された荷物の運搬が主な業務である。長い道中では盗賊との遭遇も珍しくなく、警護のため何人もの用心棒が必要となる。無事運搬できればかなりの報酬を得られるが、荷物が盗まれたり傷つけられたりすると、[金票]局側が全額を賠償しなければならない。また、用心棒が死傷すると次の仕事に支障が出る。一攫千金も夢ではないが、一夜で廃業に追い込まれる場合もあるのだ。孟元超の父親は警護中に盗賊に襲われて死去。母親も亡くなり孤児となった元超は父の義兄弟を師と仰ぎ武術を習得、父の宿願だった[金票]局連盟の設立を胸に江湖に出てきたのだった。
[金票]局と官吏との癒着や、官吏の陰謀に巻き込まれる[金票]局の状況など、現代社会を想起させる場面もおもしろい。

さて、「ああ、よかった!」と素直に言えるドラマではなかった。それなのに次の展開が気になってどんどん観てしまう。たぶん、一癖も二癖もある登場人物に引きつけられたのだろう。主役はあっさりしていて物足りなかったが、その周囲は強烈だった。
以下、登場人物たちについて簡単な感想を述べてみたい。(ラストに関するネタバレあり)

続きを読む

真心話

20090611



1999年/香港/1時間43分(レンタルDVD)
監 督  爾冬陞(イー・トンシン)
原 題  真心話 / The Truth about Jane and Sam
出 演  何潤東(ピーター・ホー) 范文芳(ファン・ウォン)
     銭嘉樂(チン・ガーロッ) 鄭佩佩(チェン・ペイペイ)



<あらすじ>
サム(何潤東)は新米の雑誌記者。不本意ではあるが、ゴシップ記事を書くために日夜奔走していた。そんなある夜、一人の少女が通りすがりの男性に金を無心しているのを目撃し、後をつける。彼女の名はザン(范文芳)。飲酒、ドラッグにはまり、素行は極めて悪いらしい。サムはドキュメンタリー記事で取り上げようと彼女の私生活に近づいていく。やがて、愛に飢えているザンは自分を心配してくれるサムに惹かれ、サムはザンの内面に隠された優しさに触れて愛おしく思うようになる。


続きを読む

1989年6月の日記から

20090607

毎年6月になると1989年の中国での出来事を思い出しますが、
日記を引っ張り出すことはありませんでした。
でも今年は偶然掃除中にこれを見つけてしまい、
後は掃除になりませんでした。

20年前の今日は、天安門事件から3日目の6月7日。
市内の在留邦人が日本語教師の方のお宅に集まり、
帰国について話し合っていました。
私は当時中国の大学で書法を勉強中で、
卒業展覧会を控えていました。
北京からはだいぶ離れた場所ですが、
家族を伴って赴任している人、
日本に家族を残して赴任している人などは
すでに帰国準備を始めていました。
私が「卒展があるので残る」と言うと、
「何を悠長なことを!」とあきれられました。
ラジオジャパンは北京の銃弾の音を流し、
北京の在留邦人が続々と帰国する予定だと
報道しています。
結局ある企業家のご尽力で、
帰国希望者(市内に住む邦人の約3分の1)のチケットは
すべて手配できたとのことでした。

私は卒業展覧会後に帰国することにしました。
シンガポールの友人は「内乱になるかもしれない。
何としてでも帰る」と言い、やはり私を悠長だと言います。
一方、アフリカ、ヨーロッパからの公費留学生は
「簡単に帰れる距離ではない。
チケットを買うお金もすぐに用意できない。
しばらくここでじっとしているつもり」と言っていました。

翌日、中国の学生たちが正門前で垂れ幕を掲げていました。
布には、たくさんの名前が「奠」の字のまわりに
寄せ書き風に記され、指紋が押してあります。
その色は暗い赤。彼らの指先には絆創膏が貼ってあります。
恐る恐るきいてみるとやはり指先を切って書いたとのこと。
彼らの顔からはいつもの穏やかさが消え、一様に険しい表情でした。

実は最近、あの垂れ幕のことを突然思い出したのでした。
三国志演義(井波律子訳)第二十回、
献帝が指先を噛み切って曹操討伐の密詔をしたためたくだりを
読んでいるときのことです。
20年前は、血で文字を書くというその行為を奇異に感じました。
でも今になって、そこにこめられた同学たちの真剣な思いが
伝わってくるのです。
物語と現実を並べるのはおかしなことかもしれませんが、
彼らには、長い歴史を背負っている意識があるようにも思えました。

学校側の配慮で卒業展覧会は日程を繰り上げて行われました。
そして6月20日に大陸を離れ、空路香港へ。
ビル群に突っ込んでいくような飛行機に度肝を抜かれ、
きらきらした風景にめまいを感じ、
ちょっとしたカルチャーショックになったのを今でもよく覚えています。
1989年の6月はめまぐるしい日々の連続でした。

さて、「天安門事件」とは何だったのでしょう。
この1~2年、当時を描いた映画や小説にたびたび出会いました。
それらの作品では、よくこの疑問が投げかけられています。
また、ここ数日の新聞には当時のリーダーの記事が連載され、
彼らには今も監視の目が光っているといいます。
振り返ることはできても真相解明は先送りが続くと思われる「天安門事件」。
きっと、来年の今頃もこう言っているでしょう。
「天安門事件とは何だったのだろう」と。

わが教え子、ヒトラー

20090606



2007年/ドイツ/1時間35分(劇場で鑑賞)
監 督  ダニー・レヴィ
原 題  Mein Führer – Die wirklich wahrste Wahrheit über Adolf Hitler
     (アドルフ・ヒトラーに関するまさしく本当の真実)
出 演  ウルリッヒ・ミューエ  ヘルゲ・シュナイダー
     ジルヴェスター・グロート


<あらすじ>
1944年のナチス・ドイツ。連合軍に対し劣勢となった状況を打破しようと、宣伝大臣のゲッベルス(ジルヴェスター・グロート)は、ヒトラー(ヘルゲ・シュナイダー)の演説を計画する。国威発揚を狙い、これをテレビ中継しようというのだ。しかしヒトラー本人はうつ状態で、人前で話す自信をなくしていた。ゲッベルスは収容中のユダヤ人教授、グリュンバウム(ウルリッヒ・ミューエ)に白羽の矢を立て、ヒトラーの威厳回復に一役買ってくれるよう依頼する。収容中の家族と一緒に住むことを条件に、彼はヒトラーの個人教授を引き受ける。

続きを読む

エグザイル/絆

20090603



 2006年/香港/1時間49分(劇場で鑑賞)
 監 督  杜峰(ジョニー・トー)
 原 題  EXILED / 放・逐
 出 演  黄秋生(アンソニー・ウォン)張家輝(ニック・チョン)呉鎮宇(フランシス・ン)
      張耀揚(ロイ・チョン)林 雪(ラム・シュ)任賢齊(リッチー・レン)
      任達華(サイモン・ヤム)何超儀(ジョシー・ホー)林家棟(ラム・カートン)
      許紹雄(ホイ・シウホン)

<あらすじ>
中国返還が近づいたマカオ。4人の男がウー(張家輝)を訪ねてくる。ブレイズ(黄秋生)はボスのフェイ(任達華)からウー殺害の命を受け、ファット(林雪)と行動を共にしていた。一方、タイ(呉鎮宇)とキャット(張耀揚)はウーを守ろうとしていた。
銃撃戦が始まる。しかし赤ん坊の泣き声に男たちは闘う気をそがれてしまう。やがてウーの妻子を交えて食事をしながら、彼らは仲間だった頃の昔に戻っていく。そして皆で記念撮影。自分の運命を悟ったウーの、妻子にまとまった金を残したいという意向を受け、彼らは高収入が得られる「仕事」を取りに出かけるのだった。


続きを読む

プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。