スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

游剣江湖

20090614


2006年/香港・中国/全40話/10DVDs(レンタルDVD)
監 督 劉小平
原 作 梁羽生『游剣江湖』
出 演 陳 龍 郭羨妮 何家勁 陳錦鴻 陳怡蓉 朱雨晨
    李 倩 李天翔 康 晶 李建群 劉衛華 劉立偉 李佳倚
    袁丈飛 趙 亮 潘 虹 楊旻娜 姚 嵐 李小雷 王亜楠

<冒頭のあらすじ>
孟元超(陳龍:チェン・ロン)は師匠の義兄弟、雲在山に会うため威武[金票]局を訪ねる。しかし在山はすでに他界、その妻(康晶)と娘の雲紫蘿(郭羨妮:ソニア・クオック)が[金票]局を切り盛りしていた。元超が手伝いを始めてしばらくたったある日、威武[金票]局は花嫁の警護を依頼される。変な男が彼女につきまとうため、嫁ぎ先までの道中が危ぶまれるのだという。男の名は繆長風(何家勁:ケニー・ホー)。長年江湖をさすらってきた風来坊だ。花嫁に一目ぼれして以来あきらめられないのだと言う。

<感想など>
物語の舞台である「[金票]局」が興味深かった。
[金票]局(ひょうきょく)とは今でいう運送会社とみていいだろう。客から依頼された荷物の運搬が主な業務である。長い道中では盗賊との遭遇も珍しくなく、警護のため何人もの用心棒が必要となる。無事運搬できればかなりの報酬を得られるが、荷物が盗まれたり傷つけられたりすると、[金票]局側が全額を賠償しなければならない。また、用心棒が死傷すると次の仕事に支障が出る。一攫千金も夢ではないが、一夜で廃業に追い込まれる場合もあるのだ。孟元超の父親は警護中に盗賊に襲われて死去。母親も亡くなり孤児となった元超は父の義兄弟を師と仰ぎ武術を習得、父の宿願だった[金票]局連盟の設立を胸に江湖に出てきたのだった。
[金票]局と官吏との癒着や、官吏の陰謀に巻き込まれる[金票]局の状況など、現代社会を想起させる場面もおもしろい。

さて、「ああ、よかった!」と素直に言えるドラマではなかった。それなのに次の展開が気になってどんどん観てしまう。たぶん、一癖も二癖もある登場人物に引きつけられたのだろう。主役はあっさりしていて物足りなかったが、その周囲は強烈だった。
以下、登場人物たちについて簡単な感想を述べてみたい。(ラストに関するネタバレあり)

続きを読む

スポンサーサイト

上海灘(ラストまで)

20080118



1980年 / 香港 / 9DVDs / 25話(レンタル)
出 演  周潤發(チョウ・ユンファ)  呂良偉(レイ・ロイ)
      趙雅芝(アンジー・チウ) 劉 丹(ラウ・ダーン) 湯鎮業(ケン・トン)
      曹楚霜  荘文清  林偉図  陳立品  駱 恭  黄 新  蕭鍵鑑

少しずつ観るつもりだったのに後半は一気に駆け抜けてしまった。睡眠不足の日々もこれで終わりだと思うとちょっと寂しい。しばらくドラマはやめておこう。(なんてね)

物語の中心は男たちが落ちていく後半だ。今まで希望のない未来を見るのはいやだったが、この作品はそんな暗さがかえって光って見え、どんどん引き込まれた。
ドラマが終わった後もその世界に浸ったまま抜け出せないでいる。

今まで観た周潤發出演作は数えるほどで、その周潤發に心引かれたこともなかった。
しかし今回は違った。彼が演じる許文強(ホイ・マンキョン)は文句なくカッコイイ。演技も抜群。クールなところも、涙眼になるところも、復讐の鬼と化すところも、すべてが素晴らしい。
後半はどんどんダークに染まっていく中、昔の許婚(いいなずけ)への想いが再燃。
みじめったらしい男になり下がる許文強。なのにかっこいいのはなぜ?
やはり許文強というキャラクターの持つ魅力と周潤發の輝きなのだろうな。
こういう完璧なキャラに挑戦してリメイクを成功させた黄暁明にも拍手!だ。

呂良偉演じる丁力(ディン・リッ)もいい。実はあの素晴らしい許文強よりもこの丁力の方を好きになってしまった。
はっきり言って彼は許文強と並ぶとはるかに見劣りする。ある時を境に、急速に転がり落ち、人間的にも卑劣になる。どう見ても許文強には勝てっこない。でも人間の根源にある邪悪さを臭わせる姿から目が離せなくなる。醜い姿を晒しながら生きようとする根性に脱帽。
この丁力に比べ、リメイク版の丁力(黄海波)は最後まで誠意を尽くすきれいなキャラクターである。でも続きがあるなら黄海波演じる丁力もきれいなままではいられないはずだ。

許文強、丁力に輪をかけて素晴らしいのが馮程程(フォン・チンチン)。リメイク版よりもオリジナル版の彼女の方がずっと魅力的だ。これは役者ではなく新旧で描かれたキャラの違いによる。
後半で程程は劇団に所属し、『人形の家』でノラを演じることになる。演技の場面は映されないが、物語が進むにつれ彼女自身が劇中のノラになっていくのが伝わってくる。そういう意味では『人形の家』は象徴的な使われ方をしていると思う。
これまで「人形」として生活してきた彼女は、外に眼を向けようと必死にもがく。昔の恋人が言い寄ってきてもキッパリとした態度を取り、わが道を進む。
凛とした美しさの中に貫禄さえ漂う趙雅芝(アンジー・チウ)。ステキだ。

「上海灘」のテーマソングは聴けば聴くほど味わい深く、鼻歌が出てしまうほどだ。
リメイク版では同じ歌手が北京語で歌っているが、広東語の方が耳にやさしく聴こえる。
何度も聴いているうちにわけのわからない広東語の音をつぶやいていたりする。カラオケにあるなら挑戦してみようか、なんて思ってしまった。

このテーマソングとともに、今も頭の中を「ディンさん、ホイさん」が駆け巡っている。
丁(ディン)と許(ホイ)である。順序からいけば「ホイさん」が先なのだが、自分の中の語呂合わせでは「ディンさん」が先。「ヤジさんキタさん」「スケさんカクさん」のように「ディンさんホイさん」もいい調子。
ディンさんホイさんディンさんホイさんディンさんホイさんディンさんホイさん・・・・・・
永遠の名コンビだ。

上海灘

20080105

  1980年 / 香港 / 9DVDs / 25話(レンタル)
  出 演  周潤發(チョウ・ユンファ)  呂良偉(レイ・ロイ)
        趙雅芝(アンジー・チウ)  劉 丹
        曹楚霜  荘文清  林偉図  湯鎮業  駱 恭

  3分の1ほど観た。今から28年前の制作。
  光線の加減がレトロで、かえって昔の雰囲気が感じられる。

  観ていると、どうしても先日の「新上海灘」と比較してしまう。
  例えば許文強(ホイ・マンキョン:北京語ではシュー・ウェンチアン)。
  「新~」の黄暁明(ホァン・シャオミン)は周潤發をかなり意識したのだろう。
  タバコを吸う仕草、人に椅子をすすめる時の手の使い方、歩き方、
ハットに手をかける動作…ほとんどすべての動作が周潤發そっくりである。
なお、周潤發の仕草が誰かに似ている…と考えていたら石原裕次郎や小林旭が思い浮かんだ。
「ナイス・ガイ」の風貌が、周潤發の中にもチラチラ見える。

周潤發演じる許文強は、胸元からハンカチを取り出しては口元をぬぐったり、相手の傷跡にあてたりと、魔術師の如くその布をヒラヒラさせる。
観ている方が恥ずかしくなるほどキザである。でも周潤發だからかっこいいのだ。

序盤は、許文強のズボンの裾から白いソックスがチラチラ見えるのが気になって仕方なかった。
周潤發の足が長すぎるのである!!とにかく長くて細い。
真っ白なスーツやグレーの厚めのスーツを着るようになってからはズボンが長くなり(?)、そんな心配はしないですむようになった。(ホッ)
背広に白いマフラーというちぐはぐな恰好もいつしか消えた。

呂良偉演じる丁力はなかなかいい。今のところ、許文強より丁力の方が好きだ。(これから気が変わるかもしれないが:笑)
「新~」の黄海波はきっと全く違う丁力になりきろうと思ったのだろう。丁力という人間には解釈の幅があるように思える。

そして馮敬堯(フォン・ギンユー)。劉丹演じるこのボスは、ちょっと線が細く見える。
きっと「新~」で、私がドスのきいた李雪健にすっかり魅了されてしまったからそう感じるのだろう。
「上海灘」の馮敬堯は、よく言えば品がある。悪く言えば人間が小さい。
占い師が文強の手相を見て「その前に見た旦那(馮敬堯)よりも出世する」と言った途端、そばにいた馮敬堯は顔色を曇らせる。そして文強に任せていた仕事を自分で点検し直すのだ。
おまけに、それまで娘程程(チンチン)に文強との交際を勧めていたのに、その時を境にコロッと態度を変えてしまう。
程程が文強と食事の約束したのを知ると、わざと文強を呼び出し、約束を反故にさせる。
器が小さい!!でも今後の展開が楽しみ。

趙雅芝演じる程程は可愛い。「新~」の程程が大学卒だったのに対し、こちらの程程は高校を卒業したばかりだ。
彼女が世間知らずであるのも納得がいく。しかし「新~」の程程より骨がありそう。
すっかり成熟している許文強とお嬢様の程程。2人の開きは大きい。

さて、ラストはどうなるだろうか。これが一番の関心事だ。
まだまだ先は長い。だらだらと観ていくことにしよう。

フェイス・トゥ・フェイス

20060824

香港ドラマ(レンタル)
7DVDs 20話

監 督  王少杰
原 題  雙面伊人
出 演
鄭伊健(イーキン・チェン)   袁〔シ吉〕宝(フェニー・ユン)
謝天華(マイケル・ツェー)   曹永康(チョー・ウィンリム) 他

<あらすじ>
記憶喪失となったティン(鄭伊健)は、偶然知り合ったミン(謝天華)の家に居候しながら彼の仕事を手伝い、記憶をたどる。彼の記憶には一人の女性(袁〔シ吉〕宝)だけが残っていた。ある日彼のいとこだという男シュンが現れ、ティンが天才的なゲームクリエーターだったことを明かす。また、シュンの恋人シン(袁〔シ吉〕宝)を紹介されたティンは、彼女が記憶の中の女性とそっくりであることに驚く。
ティンは真実を探るうちに、シンの秘密や、自分が巻き込まれた事故について知ることとなる。

<感想など>
サスペンス・アクション・ドラマ、といったところでしょうか。すごくおもしろい!!これまで観たドラマの中でも異色でした。記憶喪失という設定は常套手段だけど、これを解明するまでの過程にスリルがあるし、そのあとも謎が続出、全編あきさせません。
恋愛の場面も楽しめます。シンを守ろうとするティンのたくましさや優しさが、胸にキュンときます。今まで観てきた鄭伊健は、ハードなイメージが強かったのですが、この作品ではソフトな表情が魅力的。子供とゲームに興じる姿はかわいいし(?)、一方でアクションシーンも見せてくれて、彼のイイトコ満載です。得な役柄だと思います。
袁[シ吉]宝の、瞬時に性格を切り替える演技は見事。これは二役とも違う、かなり高度な技術ではないでしょうか。
徐々に変わっていくシュンを演じた曹永康ははまり役。ラストは実に猟奇的です。
シリアスなストーリーの中に、ジョークがはさまれ、はらはらドキドキしたり、笑ったりと、けっこう刺激的でした。
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。