スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近代国家への模索 1894-1925

20111226

chugokukingendaisi2.jpg

著 者: 川島 真
出版社: 岩波書店(岩波新書)
刊 行: 2010年12月
副 題:シリーズ中国近現代史②

<内 容>
はじめに
第1章 救国と政治改革
第2章 王朝の維持と「中国」の形成
第3章 立憲君主制と共和制
第4章 中華民国の国家構想と袁世凱政権
第5章 国際社会の変容と中国
あとがき

<感想など>
革命派、軍閥、朝廷それぞれが武力を使う。ただ、革命派の武力は正義で、軍閥や朝廷のそれは暴力、蹂躙、といった観念が植え付けられている。「改革」にしても、民衆から発せられたものは「革命」、政権内部からのものは「クーデター」ととらえられがちだ。そうした自分の固定観念を払拭してくれるものはないだろうか、と思っていたところで本書に出会った。どの立場に対しても公平な目で見て、分析していく姿勢が、自分の願いとぴったり重なった。

取り上げられている時代は、清朝最後の15年と中華民国の前期にあたる。こうした中国の激動の時代に周辺諸国の動きも重ね合わせ、世界史全体の視点で眺めている。この姿勢が、公平感を抱かせるのだと思う。

衰退しつつある清朝を、内外がただ手をこまねいて見ていただけではないことを知った。康有為は、数々の障碍を乗り越え変法運動(旧い法をその時代に適応させる動き)の上奏文を光緒帝に届ける。帝の詔勅により、戊戌(ぼじゅつ)変法では憲法制定、国会開設などの案が発せられる。ところが光緒帝が味方に引き入れようとした袁世凱が西太后に報告したことでこの政変は潰えることとなる。変法側、西太后側に寄るのではなく、袁世凱が両者の力関係を考慮した結果の選択との観方を挙げているところに、著者の姿勢が見て取れた。

清朝側が救国の意味で立憲君主制を模索していたのに対し、孫文の革命側は共和制を念頭に置いていたと考えていいだろうか。立憲君主制とはいえ、政局を握るのは従来の満州族で、皇帝の権力を重視した体制である。地方が、そうした中央の支配を脱しようと自治力を強めていった背景は十分に理解できる。本書ではこれを「清からの自立」と表現している。

辛亥革命後、中国内に政府が二つ存在する(広東政府、北京政府)状況は、複雑でなかなか理解が及ばない。1920年代には複数の政党が存在し、政党内でも内紛が絶えず起こる。さらに海外諸国の綱引きの舞台となって政情は安定しない。内側、外側から翻弄され、揺れがおさまらない大型船のようだ。思想、技術を外から吸収する動きや、海外との折衝も活発であるが、国としての方向性は見えてこない。本書ではそんな情勢を、国際社会での位置づけから解説する。終章ではロシア革命の色濃い影響、中国共産党の台頭の経緯が詳細に論じられている。

「あとがき」は前の五章を総括していてわかりやすかった。「『中国』の人びとの想像力が最大限に膨らんだ時期」という著者の考え方が、各章に反映されていると思う。

中国は、年表のどこを切り取っても「激動の時代」となるのではないだろうか。

スポンサーサイト

清朝と近代世界 19世紀

20111211


著 者: 吉澤誠一郎
出版社: 岩波書店(岩波新書)
刊 行: 2010年6月
副 題: シリーズ中国近現代史①

<内 容>
はじめに
第1章 繁栄の中にはらまれた危機
第2章 動乱の時代
第3章 近代世界に挑戦する清朝
第4章 清末の経済と社会
第5章 清朝支配の曲がり角
あとがき

<感想など>
清末民初の映画やドラマを観る機会は増えたが、役者の演技や人物関係を眺めるだけで、歴史を解釈するまでには到らない。この時代をもう少し深く知りたいと思ったときに偶然手に取ったのが本書だった。ここでは、今まで鑑賞した作品を振り返りながら、著者の客観的な視点を追っていきたい。

本書で主にとりあげるのは、著者が最初で述べているように、18世紀末から1894年の日清戦争開戦前夜である。その間繁栄を極めた時代にも、版図を広げながら諸民族の制圧に苦しんだり、アヘンの流入を抑えようとしたりと、歴代皇帝の脅威に対抗する意識がうかがわれる。繁栄の裏側には常に危機が存在していたことがわかった。

アヘン戦争の背景はなかなか理解が及ばない。1729年、雍正帝がアヘン吸引を禁じたにもかかわらず、アヘン取引は増加する一方だった。この背景に、イギリスが、貿易を独占する東インド会社からの税収を頼みにしていた事実があったことを、本書は挙げている。さらにイギリスの地方貿易商人は、清で得た銀を東インド会社の手形に交換し、会社の方は商人から得た銀で中国の茶を買うというように、決済の形は状況に応じて変化していった。やがて中国の銀が大量に流出して経済構造が変わったこと、清の役人が賄賂を受け取ってアヘン取引を見逃していたことなど、清国内が疲弊していく間の状況は他国の事情とも絡んで複雑である。

1839年、林則徐がアヘン没収と廃棄を断行したことから、イギリスとの軋轢が高まったといえる。以前観た『阿片戦争』では、アヘンに化学処理を施して海に流す過程が、大変リアルだった。イギリス人水夫の中国人殺害に端を発するとされる戦争だが、この時期には一触即発の状態だったのだろう。イギリス本国における戦争の正当性をめぐる論議では、僅差で戦争を支持する政府が票を得て、遠征軍の派遣が決まる。ここでの白熱した論議も『阿片戦争』には細かく描かれていた。

後に太平天国の天王となる洪秀全が、布教を始めたのは1843年。彼とその周辺で起きた数々の不思議が記されているが、いずれも信じがたいものばかりだ。太平天国に対抗するために組織されたのが、曽国藩率いる湘軍だった。この時期を描いた作品として記憶に新しいのは黄暁明主演のドラマ『龍票』である。これを観た時は「湘軍」の立場がよくわからなかったが、本書でようやく理解できた。曽国藩は地方の読書人や農民を引きいれるとともに、官位の売却で財源を確保しようとしたという。ドラマで黄暁明演じる商人が儲けた金で官位を買ってのし上がっていたのを思い出す。

腐敗していく清朝を立て直そうとする者として、李鴻章や、恭親王奕訢の名も挙がっている。海外から技術を導入して富国を目指そうとする彼らの前には、保守派の勢力が立ちはだかる。ドラマで描かれた奕訢(修慶)の鋭さや巧みな駆け引きは見どころの一つだった。結局奕訢は西太后に失脚させられるが、これがなかったとして、歴史は変わっていただろうか。「こうあってほしい」と思うときはいつも「もし…」を考えてしまう。

清の外交相手として挙げられるのは、先に述べたイギリスのほか、フランス、ロシア、日本、朝鮮、ベトナム、タイなど、多方面にわたり、それぞれについて詳細な記述がみられる。その中で奇異に感じたのは、謁見方法をめぐっての各国意見の対立が、そのまま外交問題に発展する恐れがある、ということだった。清の体面を重んじる姿勢や、世界の中心であるという意識が、よく伝わってくる内容だった。

次のシリーズは『近代国家への模索』と題し、1894年から1925年までを描いている。ちょうど辛亥革命が中心になるようで、今年観た作品を振り返りながら読んでいきたい。

ふむふむ おしえて、お仕事!

20110926

fumufumu.jpg

著 者: 三浦しをん
出版社: 新潮社
刊 行: 2011年6月

<内容・感想など>
著者と、専門的な技能、職業を持つ16人の女性との対談集。まえがきによれば、雑誌『yomyom』の創刊号からの連載をまとめたとのこと。タイトルもこの雑誌名に由来するらしい。

各章のはじめには、著者がインタビューした方の顔写真と履歴が載っており、それぞれ十数ページほどの長さである。仕事場の写真も挿入されているので、今まで知らなかった仕事内容、職業人の日常が多少身近に感じられた。

さてその職業とは、靴職人、ビール職人、染色家、活版技師、女流義太夫三味線、漫画アシスタント、フラワーデザイナー、コーディネーター、動物園飼育係、フィギュア企画開発、現場監督、ウエイトリフティング選手、お土産物屋(2名)、編集者と、多種多様。著者は常に「自分は素人なもので…」と謙虚だが、彼女らの話を引き出すのに相当勉強しているのは確かだ。それぞれの特殊技能に対して敬意をはらい、時には「変人ぶり」(よく言えば執着心)に対し、憧憬の眼差しを向ける。読者としてはその人物に興味が高まり、最初はとばした写真や履歴をじっくり見ることとなる。

著者の作品には仕事風景がよく出てくる。今まで読んだ中では、『仏果を得ず』の義太夫の唄い手、『神去なあなあ日常』の林業を目指す青年、『まほろ駅前多田便利軒』の「便利屋」、『月魚』の古書店経営者が印象深い。それぞれの職業観や、所作、手際が丹念に描き込まれ、まるで各人が隣で実際に仕事をしているかのようだった。著者の観察眼の鋭さと、各職業に対する強い好奇心がうかがえた。インタビューが作品につながることもあるだろう。

高校生くらいの時に読みたかったなあ、と思える本。あのころは自分の適性を深く考えることもなく、将来は漠然としていた。周りが「ああなりたい、これをやりたい」という中で、自分は暗中模索状態だった。本書の職業人たちは、若いころから何かしら執着するものがあったようだ。やはりコレ!と思うものを持つことが大切。と、今更ながら思う私。いやいや、まだまだ遅くはない?

蟻族-高学歴ワーキングプアたちの群れ

20101203

yizu.jpg
著 者: 廉 思(リエン・スー)
監 訳: 関根 謙
出版社: 勉誠出版
刊 行: 2010年9月

<内 容>
蟻族』を読む前に―序にかえて  監訳者:関根謙
『蟻族』を「比較的高学歴のワーキングプアの集団」と解説、彼らの住む北京郊外の群家村「唐家嶺〈タンジャーリン〉」について説明している。さらに中国の教育制度を日本のそれと比較しながら紹介。原著及び本書の刊行の経緯も述べられる。
Ⅰ「蟻族」誕生記
「蟻族」研究のきっかけと、研究チーム発足と調査の経緯。「八〇後〈バーリンホウ〉」(1980年代以降の出生者)の状況説明。
Ⅱ「蟻族」のすべて
『蟻族』というネーミングの由来。詳細な調査により出された統計とその分析。グラフを多用。
Ⅲ「アリ」伝奇-「群居村」取材レポート
「蟻族」と言われる人々の手記及び取材報告。
後記:廉思
日本の読者へ:廉思
解説: 加々美光行

<感想など>
著者は1980年生まれで、「蟻族」同様「八〇後」と呼ばれる世代だ。北京の中国人民大学大学院博士課程を卒業後、現職は対外経貿大学の副教授である。

しばらく前、関連の報道番組を観たときは「蟻族」から「フリーター」の印象を受けた。しかし今回、その感覚が変わった。著者も指摘するように、「蟻族」は気ままなフリーターとは本質的に違う。著者は「蟻族」の基本概念として「大卒低所得群居集団」と定義づける。彼らを、知能指数が高く群居するアリに例えて「蟻族」と名づけたという。

<Ⅲ「アリ」伝奇>の、「蟻族」といわれる17人の体験記は、まるでTVドラマのようだった。彼らは地方の大学を卒業後、就労の場を求めて北京にやってくる。経歴はそれぞれ全く違うが、独立心の強さ、極めて高い上昇志向、忍耐力の強さなど、共通点は多い。失恋に苦しむ者、マルチ商法に巻き込まれる者、貧困にあえぐ者、親の期待から重圧を受ける者、ノルマに追われる者。彼らが受けるストレスは相当なものだろう。

最近中国を取材した番組からは、富裕層が激増している印象を受ける。それは事実だとしても、そうした人々は全体から見れば一握りなのだろう。今回知った「蟻族」の生活は極めて質素で、風呂もトイレもない住居、切り詰めた食費、といった状況を読むうちに、どれほどの者が希望をかなえることができるのだろう、と考えてしまう。

著者も指摘するように、近年中国は大学の門戸を広げ、それにともない進学率も大幅アップしたことから、大卒青年が急増した。ところが彼らを受け入れる就職口は少ない。「蟻族」の多くは、親のコネがないため希望の就職ができない。ならば自分で道を切り開くしかない、と、彼らは多数の会社にエントリーを繰り返す。一流大学卒の超エリート集団にはレールが敷かれている。大学に進学せず第一次、第二次産業で成功する者もいる。その間で、知識を生かそうと奮闘する階層が存在する。若者社会にも厳然とした階層の溝があるのだと気づかされる。

以前観たドラマ『我們生活的年代』を思い出した。劉(リウ・イエ)演じる主人公が今回の「蟻族」と重なる。新疆ウイグル地自治区出身の主人公は、仲間と北京の四合院で苦しい生活を送りながら奮闘し、廃品回収業、雑誌編集長、そして不動産会社の社員と、一歩一歩階段を上っていく。しかしその道は決して幸せとは言えない。

「蟻族」は今後どんな道をたどるのだろう。
彼らに就労の機会が増え、各人が能力を十分発揮できるようになったら、社会はどう変化するだろうか。中国の発展は、こうした潜在能力の活用にかかっていると思えてくる。
続編が出るとしたらぜひ読んでみたい。

台湾人生

20100711

taiwanjinseihon.gif
   著 者: 酒井充子

   出版社: 文藝春秋

   刊 行: 2010年4月







<内容・感想など>
ドキュメント映画『台湾人生』の内容を書籍化したもの。それぞれが語る日本語にはほとんど手を加えず編集したという。日本語だからこその真実味、重みが伝わってくる。鑑賞からかなりの時間が経過しているが、読むうちに各人の顔と背景をはっきりと思い出した。映画の感想は、こちらです。

インタビューを受けるのは、映画と同じ、次の方々である。

陳 清香(チン・セイコウ)さん・・・台湾人による政治を目指す。
蕭 錦文(ショウ・キンブン)さん・・・台湾総督府、ニニ八記念館でガイドを務める。
宋 定國(ソウ・テイコク)さん・・・日本人の恩師の墓参りをする。
塔立國 普家儒漾(ダリグ・ブジャズヤン)さん・・・議員を務めていた。
楊 足妹(ヤン・ツィーメイ)さん・・・昔はコーヒー園で、今は茶畑で働く。

最近戦争を扱った映画、本と接する機会が多い。映画『トロッコ』では『恩給欠格者』の通知を受け取ったお年寄りが憤りを語る。また小説『永遠の0(ゼロ)』では元特攻隊員たちが、戦争の残酷さ、理不尽さを吐露する。自分を含めた戦後世代の知らないことがいかに多いかを思い知らされる。

『台湾人生』の作者、酒井充子氏は、台湾の九份で出会ったお年寄りが流暢な日本語を話すのを聞いて、そうした方々が歩んできた道のりに興味を持ったという。そして取材を重ねるうちに、知らないでは済まされないことが次々と現れ、それらを形にして残そうと考える。戦争を知らない世代は、こうしてきかなければ何もわからない。そうした意味で、戦争を語ってくださる方々は非常に貴重だと思う。

日本の戦前教育を肯定的にとらえる見方には、正直なところ、不思議な感覚を覚えた。自分の親世代は戦前の教育を否定して今日まで生きており、私はそんな親の意識に影響を受けている。つまり、親の見方が私にとってはすべてだった。しかしこうした本を読むと、別の観点があることに気づく。そして場合によっては見方を変える必要も感じるようになる。

日本による植民地化と、国民党による支配。台湾の人々は外部の圧力によって、言葉の自由さえ奪われてきた。受難の日々はまだ終わっていない。そんな事実を突きつけられた作品だった。




「文革」を生きた一知識人の回想

20100523

bunkaku.jpg
著 者: 朱 沢秉

原 題: 狗崽子雑記

訳 者: 細井和彦  李 青

出版社: ウェッジ

刊 行: 2010年2月









<内 容>
第一章 十年間の悪夢
 ジャーナリストだった父が右派分子として投獄され、家族が離散した。
 著者は「犬っころ」と呼ばれ、理不尽な差別に耐える日々をおくる。
     
第二章 苦界に船を漕ぐ
 知識分子として農村に下放され、日々過酷な労働を課せられる。
 著者は身分的差別のためその境遇から抜け出せないが、条件のよい場所に
 移動できる者もいた。
 
第三章 一筋の光明
 撫州師範学校の教師となり、妻水鏡との間に子供が生まれる。念願だった
 大学受験の申請は却下され、通勤条件の厳しい職場の異動もままならない。
 文革は終わったが父親の名誉回復を願い出ても容易に受け付けられない。


続きを読む

アフリカを食い荒らす中国

20100427

著 者:セルジュ・ミッシェル
    ミッシェル・ブーレ

訳 者:中平信也

原 題:LA CHINAFRIQUE

刊行年:2009年12月

出版社:河出書房新社








<内容・感想など>
タイトルからは中国非難のイメージを強く受けるが、内容はそればかりではない。著者は中立的立場から公平な目で見ていると思う。巻末の訳者あとがきによれば、原題を直訳(あえて訳せば、という言い方だが)すると「中華アフリカ」で、英訳版タイトルは「チャイナ・サファリ」とのこと。タイトルによって印象ががらりと変わることをあらためて感じた。

二人のフランス人ジャーナリストが、2006年から2008年ごろにかけアフリカ各国や中国を取材した内容、及び資料をもとに書いたドキュメンタリーである。近年発展目覚しい中国は、アフリカ各国に巨額の投資を行ってインフラ整備や資源発掘に乗り出している。著者は、中国がアフリカに着目した背景、アフリカの歴史、中国人とアフリカ各国の人々との人間関係などを多面から分析し、問題点や今後の見通しに言及しているが、中でも中国人気質には強い興味を持っていると思われる。

アフリカで労働に従事する中国人は、長時間にわたる過酷な労働もいとわない。一人が商売で成功すると一族を集めて同族経営を行う。中国で生産した土産物をアフリカの観光地(エジプトなど)で廉価で販売する。アフリカ社会にとけこもうとはせず、自分たちのコミュニティをつくる。こうした視点には、著者の驚きや疑問が反映されており、興味深い。

では、中国がアフリカに進出した背景はどこにあるのか。
第11章ではフランスがアフリカを30年もの間植民地としていた事実を挙げている。軍事拠点として支配していた時代から、冷戦終結の時代を迎え、西側諸国の人道的援助が始まる。アフリカ諸国は独立と引き換えにフランスからの援助を断たれ、貧困の道を歩むことになる。そこに着目したのが中国ということだ。

中国が「アフリカに必要なこと」を着々と進めていく中で懸念されるのが、アメリカとの覇権争い、というのが恐ろしい。アフリカでの内乱に中国製の武器が使用され、これも中国批判の一つとなっている。将来アメリカと中国が軍事増強をめぐって争う構図を、著者は憂いでいる。

膨大な取材結果とデータを羅列したような印象を受け、基礎知識のない身にとっては読み進めるのがたいへんだった。しかし巻末の「激動のアフリカ」にはアフリカの地図、各国在住の中国人数、中国からの投資額が表記されており、わかりやすい。これを参照しながら読めばよかった。

中国には長年興味を抱いており、今後の方向には大いに関心がある。難しい内容もあったが、そんな好奇心を満たしてくれる一冊だった。

ビートルズを知らなかった紅衛兵

20091119


 著 者:唐亜明

 刊行年:1990年3月

 出版社:岩波書店(同時代ライブラリー)





<内容・感想など>
副題は『中国革命のなかの一家の記録』。
著者は1953年生まれで1983年に来日、現在出版社に勤務し、小説や絵本の執筆、
翻訳を手がけるほか、大学講師もしているとのこと。
10人兄弟の8番目に生まれた著者は、13歳で文化大革命の嵐に突入する。
祖父母の話に始まり、国共内戦に身を投じた両親の状況、小学生時代の思い出、
文革で反革命分子として投獄された父への思い、辛い下放経験、家族の絆など、
歴史の波に翻弄された一家の様子が生々しく描かれている。
人民日報勤務の父と前線で看護師をしていた母は、ともに要人とのつながりが深い。
そんな環境の中で、著者の政治に対する感覚がとぎすまされていったのだと思う。
この1冊が中国の現代史をそのまま映し出しているともいえる。

タイトル中の「ビートルズ」は、誰もが知っているとされるアーティストの代名詞として
使用したのだろう。
それさえ知らなかったとは、いったいあの時代は何だったのか…。文革の10年を
振り返って検証したいという著者の熱い思いが、行間のあちらこちらにあふれている。
同時に、尊敬する指導者の過ちに苦しむ姿も見えてくる。紅衛兵として建国の英雄を
称えながらも、その英雄の行動が間違いであると認識する。
著者の矛盾との葛藤は、苦渋に満ちている。
しかしどんな境遇に陥っても諦めず、尽力する。ものすごいパワーの持ち主だ。
物語の中心を貫くのは、父母への尊敬の念である。兄弟は各地に下放されるが、
どこへ行っても心は一つ。父の釈放を嘆願するために団結して東奔西走する。
家族の写真がたくさん掲載されているところからも、家族の絆の強さがよくわかる。

さて、エピローグが書かれた日付が1989年12月31日となっている。
あの天安門事件が起きてから半年後だが、これに関しては一言も触れていない。
全くないところに、かえって著者の苦しい思いを感じてしまった。
微妙な時期だからこそ、この作品を書いたのではないかとも、思えてくる。

著者にとって文革とは何だったのだろう。文革末期には下放された土地を離れて
自宅に戻り、ひそかに勉強していた姿が描かれている。自由に勉強できない悔しさが
にじみ出ていた。
文革の10年は嵐のような毎日だった。しかし著者はそんな過酷な日々も決して
無駄ではなかったと考えているようだ。そうしたポジティブな思考が、生き延びる
原動力なのだろう。

中国近現代史を扱った作品では、最近、親に対する複雑な気持ちを描いているものを
続けて鑑賞した。『高考1977』と『千年の祈り』である。少し前の『胡同のひまわり』にも
同様の描写が見られた。
また、池莉の小説『所以』に描かれる母子の確執には、強烈な印象が残った。
そんな中、親に対する限りない慈愛、積極的な生き方を明確に描いている本書は、
ある意味新鮮だった。
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。