スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海堂 尊『外科医 須磨久善』

20091101

     


 出版社:講談社



 刊行年:2009年7月





<内容・感想など>
心臓外科医、須磨久善氏の半生をたどった評伝である。
文章には、海堂氏の須磨氏に対する熱烈な思いが込められており、読み終わったときには
自然に須磨氏への尊敬の念が植えつけられていた。

須磨久善氏は日本で初めてバチスタ手術を手がけた人物であるという。
第一部では、「心臓外科医、須磨久善の旅」と題して、1992年41歳当時のブリュッセルに
おける公開手術に始まり、時代を前後しながら、医療にかける氏の熱意をありのままに
描いている。
海堂氏の須磨氏に対するインタビューをもとにしているというが、面白いのは、
著者である海堂氏がほとんど須磨氏になりきっているところだ。
「須磨は…と考えた」などと、実在の人物を小説の主人公に置き換えた表現方法を
とっている。
これまでの作風に慣れているからか、あたかもその主人公が海堂氏本人のように
思えてくるのである。
作者が須磨氏に惚れ抜いていることの表れとも言えるだろう。

第二部「解題 バラードを歌うように」では、海堂氏原作の映画『チーム・バチスタの栄光』の
監修を引き受けてくれた須磨氏への感謝の気持ち、さらに映画でのエピソードが
語られる。
桐生役の吉川晃司が役柄に真摯に取り組み、手術シーン(特に外科結紮<けっさく>)の
勉強を重ねた様子などが興味深かった。
原作も読み、映画の出演者も知っているので何となく観た気になっていたが、
まだ鑑賞していないことに気づいた。(笑)
やはりいつか観よう。

字が大きく、文体も歯切れよく、読みやすい一冊。
眼鏡をかけた丸顔の須磨氏は、柔らかな微笑みが魅力的だ。
ますますのご活躍を!!

スポンサーサイト

海堂 尊『死因不明社会』

20090822


出版社:講談社


刊行年:2008年4月(初版は2007年11月)



<内容・感想など>
副題は『Aiが拓く新しい医療』。全12章の表題は
それぞれ次の通り。
1 そして誰も「解剖」されなくなった
2 現代日本の解剖事情
3 死体のゆくえ
4 解剖崩壊
5 医療事故調査委員会における厚生労働省の謀略
6 Aiは医療事故問題解決の処方箋となりうるのか?
7 Aiの病院死症例における威力
8 「死亡時医学検索」の再建のための処方箋「Ai」
9 犯罪監視システムとしてのAi
10 死をめぐる医療と司法の相克
11  Aiの医学的考察
12 「死因不明社会」の処方箋と明るい未来
上記のうち1、3、5、7、9、11の各章は、
時風新報桜宮支社の別宮葉子記者が
厚生労働省の白鳥圭輔室長にインタビューする
形式をとっている。
(両者とも海堂氏の著書における登場人物)

続きを読む

プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。