スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれのシネマ

20080810


2007年/フランス/1時間55分(劇場にて鑑賞)
原 題  chacun son cinema
製 作  ジル・ジャコブ



<内容・感想など>
カンヌ映画祭で話題となった32人の監督による、3分間ムービー全32作品。
もう一度観たとして、32本それぞれ冒頭の瞬間ですぐ全容を思い出すでしょう。それほど、どの作品も強いインパクトがありました。
テーマは「映画館」。
懐かしい風景、平和の貴さ、ある人の半生…などなど。
同じ3分間なのに、作品によって一瞬だったり、長かったりと、時間の感覚は様々でした。
その中で印象に残った作品について簡単に感想を述べたいと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

ショートショート フィルムフェスティバル アジア 2008

20080610

ネットサーフィンでこの企画を見つけ、即行ってきました。(たまたま月曜は仕事がお休み!!)
10分から20分くらいのショートフイルムって、どんな世界なんだろう、と。



「チャイナプログラム」の詳細はこちら→ショートショート フィルムフェスティバル アジア 2008

今回観た作品は次の通りです。〈()内は監督名。〉
① たった一つの太陽(ウォン・カーウァイ)
② 道化師(チン・パンパン)
③ 壊れた指の奏でる音(ガオ・シャオソン)
④ 静かなる生活(チャン・ゴン)
⑤ A+B=C(ピーター・チャン)
⑥ 左きき(バオチー・イエ)
⑦ 郷愁(シュウ・リアン)

以下は印象に残った作品の感想です。
 

続きを読む

それでも生きる子供たちへ

20070621

kodomo2.jpg

2005年/イタリア・フランス/2時間10分(劇場にて鑑賞)
原 題  All the invisible Children
第1話『タンザ』監督:メディ・カレフ監督(ルワンダ)
第2話『ブルー・ジプシー』監督:エミール・クストリッツァ(セルビア・モンテネグロ)
第3話『アメリカのイエスの子ら』監督:スパイク・リー(アメリカ)
第4話『ビルーとジョアン』監督:カティア・ルンド(ブラジル)
第5話『ジョナサン』監督:ジョーダン・スコット/リドリー・スコット(イギリス)
第6話『チロ』監督:ステファノ・ヴィネルッソ(イタリア)
第7話『桑桑(ソンソン)と小猫(シャオマオ)』 監督:ジョン・ウー(中国)

続きを読む

プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。