スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の映画一言感想

20141231

 放置したブログを復活させよう!と思いついたら、今年もあとわずか。感想を書いていない作品が多くて、このままだとすっかり忘れてしまいそう。
 そこで今回は鑑賞作品を拾い上げて、備忘録としましょう。
(リンク先はallcinema ONLINE)

ファイアー・レスキュー 

 記憶に深く残る作品の一つ。
 物語の半分以上が火災現場であり、救出劇が延々と続くが、全く飽きさせない。もし自分が救出される立場で胡軍演じる隊員に腕を差し伸べられたら、迷わずその手にしがみつくだろう…なんて考えているうちに、にやけてしまった。技術面だけでなく、相手に絶対的信頼を与えることが、この職業には不可欠だと感じた次第。
 もう一つ忘れられないのは、イップ(安志杰)を助けようとしたヤウ(余文樂)の、一瞬の表情。私心を振り払おうとしたような…。あの場にいたのがヤウでなくても、イップの運命は変わらなかっただろうが。やや悪役的な描き方のイップだが、良き家庭人だったことを想像させる場面もあり、印象に残った。

わたしはロランス 

 視覚効果を狙うような映像の連続が気になったが、恋人たちの心の揺らぎにはくぎ付けになった。「女性の心を持った男性は、男性を好きになるのでは?」という先入観は見事に打ち砕かれる。恋人のフラッドは、ロランスのカミングアウトに衝撃を受けながらも彼の心を尊重しようとする。彼女の葛藤も見どころだと思う。
 性別を超え唯一無二の存在であることがわかった2人。10年の歳月を経て再び向き合った恋人たちに乾杯!

サンシャイン 歌声が響く街 

 イギリスの有名なミュージカルを映画化したとのこと。家族、恋人たちの波乱を描いたこの物語自体に特別な感じはないが、歌に惹かれた。アフガニスタンから帰還した若者が車内で歌うシーンに始まり、最後は爽快な大合唱。途中、引いてしまいそうな場面(夫婦の危機)も、なんとか乗り切れた。(笑)
 ラストシーンについては、あえて撮影の予告をせず、一般市民が往来する中で行われたという。現実を巻き込んだ芝居がエキサイティングだった。あのような場面をぜひ体験してみたい。

ラブ・オン・クレジット

 TVでの鑑賞。
 林志玲の一人二役が意外に面白い。野暮ったい格好の林志玲が新鮮でよかった。まあ、きれいな人だからこそのギャップなのだが。彼女たちをとりまく面々がまた豪華(陳坤、廖凡、楊祐寧)で、笑いどころを押さえてくれていた。

デーヴ 

 TVでの鑑賞。
 これもまた一人二役、それも大統領と大統領のそっくりさんだ。偽物ながら周囲の信頼を得て政務を執るのは、ありそうな展開だが、結末は予想がつかなかった。その後はもちろん当選!ですよね。そして彼女は再びファーストレディに?(笑)

イロイロ ぬくもりの記憶

 シンガポールの共稼ぎ夫婦が、息子を心配してハウスキーパーを雇う。最初のうち反抗的な態度だった少年も、彼女の思いに心を動かされていく。
彼女が家に入ってから家庭内の問題が表面化し、不安の種をまかれた気分になった。息子の心をつかんだハウスキーパーに対し、母親は嫉妬の眼を向ける。これは名場面だと思う。
 互いの関係を見つめ直す展開には、ホッとした。

アナと雪の女王

 音響設備抜群の劇場で字幕版を鑑賞。音が上から降ってくる感じが素晴らしい。いまだに歌が頭の中で回っている状態。久々のアニメに引きこまれた。特に、ぐるぐる回る彼女たちの眼!!ラストはかなり意外。

祝宴!シェフ

 おいしそうな料理のオンパレード…よりは、貫録ある母親と、借金取り2人組の方が印象に残った。この日、2本続けて観た映画の1本目で、かなり忘れてしまっている。お尻をぶるぶる震わせて踊る母ちゃんが圧巻で、それ以上のモノが出てこない。借金取りの真相告白にはたまげたなあ。

西遊記 ~はじまりのはじまり~

 上記の「祝宴!シェフ」の次に観たのがコレ。
 今までの「西遊記」の記憶を覆すようなシーンが続出。ギャグに彩られたストーリーだが、なぜか説得力がある。今後西遊記に触れるときには、どんな三蔵法師も「悲しい過去を持ったお坊様」という目で見てしまいそうで怖い。


来年は、月に1度は更新していきたいものです。

スポンサーサイト

白髪魔女伝あれこれ

20140616

TVの白髪魔女伝と並行して、3月から原作を読み始めた。上下巻698ページの、わかるところだけを拾い読みする方法で、ようやくゴールイン!原作とドラマが違うことは覚悟していたが、これほどかけ離れているとは思わなかった。

今回挑戦したのは以下の書籍。
白髮魔女傳 上下
作 者:粱羽生
出 版:1991年3月
言 語:繁体字中国語
出 版:風雲時代出版社(台湾)

そして今鑑賞しているのはこちら

baifamonvxin.jpg

吳奇隆(ニッキー・ウー)、馬蘇(マー・スー)主演の「新白髪魔女伝」。卓一航(吳奇隆)中心の三角関係が物語の主軸である。

原作の方は様々な人物の視点が描かれているとはいえ、中心はやはり後に白髪となる練霓裳〈又の名を玉羅刹〉。野性味あふれる女盗賊として恐れられる存在だ。卓一航は彼女を「練姐姐」と呼び、傅いているような雰囲気。20歳そこそこの若いカップルだ。

ドラマの方では、卓一航の方が少なくとも10歳は年上に見える。そして練霓裳はごく普通のお嬢さん。卓一航と岳鳴珂(樊少皇:ルイス・ファン)に守られるお姫様的存在だ。彼女が無辜の民を殺す理由は、満月の夜に発症する「走火入魔」で、原作にはない設定である。なんだか、可哀そうな練霓裳の弁解を見せられている気分。原作のように、乳児期に狼に育てられた経緯から野性味が抜けない、好戦的な姿を描くとなると、人間離れしたキャラクター設定が必要なのかもしれない。

原作を拾い読みした限りでは、前半よりも、練霓裳が白髪になった後の方が断然面白かった。舞台は砂漠に移り、卓一航が練霓裳を追う姿が切なく映る。またドラマ「七剣下天山」の楊雲驄や飛紅巾も登場して、あの時の光景が一つ一つ浮かび上がってきた。「塞外奇侠伝」(小説)では、楊雲驄が砂漠を放浪中に、白髪魔女を探し続ける卓一航とばったり会う場面もあった。関連事項を思い出すと楽しさ倍増だ。

さてサイトを眺めているうちにこんな情報が。
黄暁明が卓一航を、范冰冰が練霓裳を演じる
白髪魔女伝之明月天国ですって!!!

baifamonv.jpg

こんなふうに色々書いていくうちに、久々に「キラー・ウルフ」を観たくなった。

今年のベストテン2013

20131231

せわしない大晦日のひと時、恒例のベストテン!です。
今年ブログにアップした鑑賞作品を数え上げてみると、新旧DVD、TV番組、劇場公開作、映画祭上映作など、色々取り混ぜて55本でした。ほかにもレビューを書いていない作品がいくつかあります。時間がなかった、という言い訳にすぎないのですが。そんな中の10本なら厳選するほどのことでもない、なんて言いながら、けっこう迷いました。(笑)毎年鑑賞作品を振り返りながらメモ書きし、番号を振っていくのは楽しい作業です。

☆映画ベスト10
1『青春ララ隊
   ノリのいいおじさんおばさんたちが圧巻。ホロリとする場面も。
2『桃(タオ)さんのしあわせ
   桃さんの人間性と、寄り添う「息子」の想いが、胸に広がりました。
3『王になった男
   コミカルな王様にクスリ。
   政治家の方々、為政者としてあるべき姿をご覧ください!
4『楽園のかなたに
   異種の舞台劇が同時進行する、面白い趣向。新鮮な感覚。
5『舟を編む
   普段何気なく使っている言葉や文字の、
   深遠な世界を見せてもらいました。
6『アメリカン・ドリーム・イン・チャイナ
   「かっこ悪い」黄暁明にくぎづけ!
   仲間たちもいい味を出していました。
7『ティエダンのラブソング
   二人台の節回しに惹かれ、コミカルな展開を楽しみました。
8『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義
   先の読めないハラハラドキドキ感がたまらない作品。
9『駆ける少年
   人間の生きる根源を見せつけられ、圧倒されました。
10『図書館戦争
   思い入れのある原作の風味が生きていて心躍る作品でした。

振り返れば、今年初旬がまるで遠い昔のよう、でも10年前の出来事が昨日のことのよう…って、一体どういう感覚?

こうして時がたつと趣味関連のモノがたまる一方です。最近は「捨てる心得」を多く目にしますが、私としては「小スペースにたくさん詰め込む」ノウハウの方がありがたいです。(笑)

今年もおかげさまで楽しいひとときを過ごすことができました。ほんとうにありがとうございました!来年も、コツコツと感想を綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。


2013公開希望ベスト10

20130107

中華な映画サイトをのぞいてみると、あれも観たい、これも観たい!と、欲求が渦巻きます。でも日本未公開だったり、映画祭での上映のみで見逃したりと、なかなか希望はかないません。そこで是非是非公開を!とお願いする意味でベストテンを選んでみました。

1『大上海
dashanghai2.jpg
黄暁明(ホァン・シャオミン)周潤發(チョウ・ユンファ)の二人が主人公の青年期、壮年期を演じるとのこと。新旧上海灘の二人!と思うと、食指が動きます。さらに洪金寶(サモ・ハン・キンポー)呉鎮宇(フランシス・ン)などメンバーも魅力的。

2『星空
xingkong.jpg
ジミーさん原作で、映画祭上映作品。さまざまな反響を耳にするたびに、大スクリーンで観たい想いがつのります。

3『狄仁傑前伝
昨年公開された『王朝の陰謀-判事ディーと人体発火怪奇事件』の序章的位置づけのよう。若きディー判事を演じるのは趙又廷(マーク・チャオ)。前作を忘れないうちに(すでにかなり記憶の彼方なのですが)観たいものです。

4『秋之白華
qiuzhibaihua.jpg
2011年日本・中国映画週間での上演作。竇驍(ショーン・ドゥ)董潔(ドン・ジエ)主演で、1920年代を生きる活動家たちを描いた作品とのこと。邦題は『愛のしるし』。

5『浮城
fucheng.jpg
昨年の映画祭で上映中止となった作品。最近よくチェックする郭富城(アーロン・クォック)主演ときくと、その演技を観たくなります。

6『銅雀台
tongquetai.jpg
しばらく三国志から離れている今日この頃。でも周潤發の曹操ときいて興味津々。玉木宏扮する宦官の見どころも多いとか。その他キャストも豪華!もう一度三国志をひも解いてみよう。

7『女朋友。男朋友
nvpengyou.jpg
桂綸鎂(グイ・ルンメイ)張孝全(ジョセフ・チャン)鳳小岳(リディアン・ヴォーン)が演じるラブ・ストーリーのよう。このメンバーの名を見るだけでドキドキしてきます。
 
8『王的盛宴
wangdeshengyan.jpg
劉燁(リウ・イエ)の劉邦、呉彦祖(ダニエル・ウー)の項羽、張震(チャン・チェン)の韓信とは、まさに夢の<盛宴>!韓信はホント可哀そうな人で、想像するだけで涙…。

9『一代宗師
yidai.jpg
かなり前から「観たい!」と言ってるのですが…。

10『愛 Love
ailove.jpg
こちらも多方面のの評判から是非観たい!と思う作品。

☆次点として『血滴子』。
xuedizi.jpg
武器の残虐さを思うと、劇場で長時間ついていけるかどうか、かなり心配。(今から:笑)でも黄暁明はじめ好きなキャストが多いので、怖いもの見たさ、かな。

なお、同様に公開希望の『老人ホームを飛びだして』『ホメられないかも』は、昨年末のマイベスト発表時にその旨を叫んでいますので、今回は書きませんでした。もう一度観たい気持ちは変わりません。

以上、関係各方面の皆様、よろしくお願い致します♪

今年のベストテン2012

20121231

今年も残すところ数時間。振り返ればさらにマイペース度が増した1年でしたが、来年もこの調子で続けていきたいと思っています。さて今年のベストテン、例年のように新、旧作、劇場鑑賞、DVD鑑賞作品が、よりどりみどりの状態です。洋画が増加傾向にあるかもしれません。

☆映画ベスト10
1『レ・ミゼラブル
   ダントツの1位。
2『老人ホームを飛びだして
   仲間たちの想いがこもった仮装に涙。一般公開を強く希望!
3『ホメられないかも
   笑いの連続。アニメもかわいい!!こちらも一般公開を強く希望!
4『レイトオータム
   余韻が忘れられません。
5『黄色い星の子供たち
   小さな子どもの表情に心が痛みます。
6『捜査官X
   ハラハラドキドキの連続。続編を期待!
7『るろうに剣心
   切れのあるアクションが楽しめました。
8『最愛
   役者たちの名演にくぎづけ!
9『王朝の陰謀 ―判事ディーと人体発火怪奇事件
   壮大な建造物と謎解きドラマに引き付けられました。
10『ペーパーバード 幸せは翼にのって
   精一杯生きようとする人々の姿に涙。劇場で観たかった作品。

今年も皆様のおかげで有意義な時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。来年も素敵な作品に巡り合えますように。よいお年を!

今秋の映画祭

20120928

眼の疲れから画面に向かう時間が激減している今日この頃。でもこの季節、やはり気になるのは各種映画祭。なんとか英気を養って下記のお祭りに駆けつけたいものです。

小田原映画祭
横浜中華街映画祭2012
アジア映画の森
中国映画の全貌2012 
しんゆり映画祭2012 
東京国際映画祭 
東京・中国映画週間 
第13回東京フィルメックス 

スケジュール調整をしていると時を忘れてしまいます。
行ける、行けないは別として興味があるのは、

『失恋の33日』『独身の行方』『愛』『女の心を知っている』『ファッションの達人』(以上東京・中国映画週間)『ホメられないかも』『黒い四角』『老人ホームを飛び出して』(以上東京国際映画祭)『私の少女時代』『ニエアル』『我らが愛にゆれる時』『五人の娘』『白毛女』『農奴』(以上中国映画の全貌2012)『ロボット』『シグナル』(以上しんゆり映画祭2012)…

これからチケット購入方法を検討します。

清明上河図90分待ち?

20120106

昨日(1/5)東京国立博物館に着いたのは2時半をまわった頃。昨年暮れから新聞広告に煽られて、何となく『清明上河図』は見なければいけない気持ちになっていたけれど、券売機の前で「90分待ちです!」というアナウンスを耳にしたら逡巡してしまいました。でも出直すわけにもいかないので、ひとまずチケットを購入して館内へ。

階段をはさんだ2階は、ロビーまでぎっしりと長蛇の列。最後尾には「90分待ち」のプラカードが。ディズニーランドのアトラクション並み、でも屋内だからまだましか、などと思いながら、先に清明上河図以外の展示を見て廻りました。黄庭堅の『草書諸上座上巻』、王淵の『桃竹錦鶏図軸』、『四明本西嶽中華山廟碑』など好みの書画の前では、少し時間をかけました。その間、人々が群がっている『清明上河図』上方の拡大図や、向かいの壁面にはめ込まれたスライド画面を見ながら、予習していきます。

さて二巡した後は、長蛇がかなり短くなっていました。それでも「90分待ち」の表示。いや絶対こんなに待たないはず、と思って並びました。

結局1時間後に鑑賞できました。
やはり予習してよかったです。拡大図を思い出しながらの鑑賞となりました。実物はかなり小さく、描かれている人々が何をしているのかよくわかりません。虹橋上の人々は、一人一人違う動きをしています。筆致は細かく、瓦一枚、枝一本まで、はっきりと描かれています。少し立ち止まると「前に詰めてくださ~い」と言われるので、名残惜しい気持ちで進んで行きました。

今、図録を繰り返し見ていますが、あの熱気はなんだったんだろうと、ちょっと不思議な気持ちです。

新年快樂2012

20120101

あけましておめでとうございます♪
昨年のベストテン選びから新年のご挨拶までの間、反省、抱負など、
さまざまなことを考えました。
昨年の抱負は言葉だけで終わっていないかな、なんて振り返ると、
赤面してしまいますが、やはり希望、期待は持ち続けたいです。
さて、昨年は、やった!5キロ減!と、はしゃいだのもつかの間、
今リバウンドしつつあります。
体重が減ったのは、整形外科で習った腰痛体操の効果だと思います。
教えてくれた理学療法士のおニイさんがかっこよかったし~(笑)
「では家でも実践してくださいね。来週また様子を見ましょう」
などと言われれば、張り切ってしまう私です。(笑)
でも通院も終わり、宿題しなくてもいい状況になると、途端に怠け癖が
出てしまいました。
今年はこの怠け癖を何とかしたいものだ…などと書くとまた来年の最初に
赤面してしまうかな~。でもやはりこれを抱負としましょう。
細々と続けているジョギングは、今年はランニングのレベルに引き上げて、
まずは、一昨年出た5キロの部を目標としよう。
映画鑑賞、読書の時間も、なるべく作り出していきたいものです。
最近ネット検索をしているときに、こんな作品を見つけました。
興味津々だわ~
今年も皆様とともに、色々な話題を共有し、楽しみ、喜びを見つけていきたいです。
宜しくお願いいたします♪

今年のベストテン2011

20111230

今年は、映画鑑賞も読書も、例年に比べかなり時間が限られてしまいました。ブログの更新も滞りがちに。でも映画のベストテンは選びたい、という強い気持ちで「えいっ」と決めました♪
劇場鑑賞、DVD鑑賞合わせて60本余りからの選択です。

☆映画ベスト10
1 『海洋天堂』
   ダントツの1位!

2 『サンザシの樹の下で』
   主人公が可愛くて健気で。

3 『再会の食卓』
   3人で歌う場面がよかった。

4 『運命の子』
   新人、ベテランの息がピッタリ。色々と考えさせられる内容でした。

5 『冬の小鳥』
   主人公を演じた少女の女優魂に感服。

6 『熱帯魚』
   ギャハギャハ笑った場面あり。独りDVD鑑賞だったので遠慮なく。

7 『新少林寺/SHAOLIN』
   テンポの良い展開で時間も忘れました。

8 『1911』
   歴史への興味をかき立ててくれた作品。

9 『五日市物語』
   郷土愛の深さを感じて。

10 『台北の朝、僕は恋をする』
   恋の始まりって、人ごとながらワクワクします。

好きな作品をめぐっておしゃべりをしたり、ネットサーフィンしたりするのは楽しい一時です。拙ブログにお越しくださった皆様、、ほんとうにありがとうございました。来年もマイペースの更新となりそうですが、よろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください♪

これから観たい映画

20110928

今年の東京国際映画祭は、日程の調整がつかないのと、「劇場公開されてから観よっ!」という思いから、パスすることにしました。でも気になる作品はいっぱい。

その一つは『あの頃、君を追いかけた』
最近の台湾作品には、若者のみずみずしさ、切なさを映し出した秀作が多く、こちらにも公開を期待。年々彼らの年齢から離れていきますが、胸キュン感覚はずっと持ち続けていたい。(笑)

次に『運命の死化粧師』
タイトルだけを見ると「ムムム、おくりびと?」と思うのですが、こちらはサスペンスのよう。

「2011日本・中国映画週間」の中では、日本での公開はないであろう『赤い星の生まれ』に興味津々。なにしろオールスターキャストですから!
『愛のしるし』にも興味があります。『サンザシの樹の下で』の竇驍クン目的で観たいなあと。

公開中、あるいは公開が予定されている中国語圏の作品を思いつくままに書き出してみました。(東京国際映画祭参加作品含む)

『イップ・マン 序章』
『イップ・マン 葉問』
『サンザシの樹の下で』
『海洋天堂』
『レイン・オブ・アサシン』
『レジェンド・オブ・フィスト~怒りの鉄拳』
『女と銃と荒野の麺屋』
『アクシデント』
『密告・者』
『1911』
『新少林寺/SHAOLIN』
『運命の子 サクリファイス』
『孔子の教え』
『ウォーリアー&ウルフ』

まだまだありそうですね。
最近、ああ、よかったぁ、と大満足する機会が少なくなってきているような気がします。でもまずは、『海洋天堂』を楽しみにしましょう。

プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。