スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韃靼疾風録

20120414

dattan1.jpg


著 者: 司馬遼太郎
巻 数: 2巻(上下)
出版社: 中央公論社
刊 行: 1987年

<あらすじ> 
17世紀前半。桂庄助は松浦藩主から、漂着した韃靼公主、アビアを故郷に送り届ける命を受ける。しかし当時明帝国は女真人の侵入に頭を痛めており、二人は大陸を目前にして島で足止めされる。やがて二人は苦難の末アビアの故郷に到着するが、彼女の父母はすでに殺された後だった。(上巻)男児をもうけた二人は瀋陽城内に住むこととなる。庄助は「日本差官」(外交官)として遇されたのだった。彼はバートラと共に女真軍に従軍し、明の滅亡から清の勃興を目の当たりにする。時がたち、庄助は家族で鎖国状態の日本に帰国する。(下巻)

<感想など>
小説の形をとっているが、内容的には司馬史観で構成された書と言えそうだ。他の歴史小説のように人物のキャラクターを練り上げるのではなく、一歩引いた目で眺めることで、著者自身の考えが前面に出る構成となっている。こうした日本人としての視点が、民族、言語、風習の比較を興味深いものにしているのだと思う。

著者は桂庄助という「分身」を自在に動かし、まずは女真人の言葉を覚えさせる。そして政治情勢をつかみ、女真人バートラとの間に絆を結ばせ、旅をさせる。歴史上の実在人物ドルゴンと接する機会もある。アビアは著者の理想でもあるのだろう。可愛らしくて、強くて、優しい、魅力的な女性に映った。主人公については、武士として藩主の命令を全うしようとする気持ちと、アビアに対する気持ちの狭間で苦悩する姿が、なかなか切なく描かれていて人間的魅力となっている。

そんな庄助の視点で説かれる民族比較がおもしろい。人数では圧倒的に劣る女真人がなぜ明を滅ぼして清を興すことができたのか。戦闘能力の違いもその一因だが、統率者が真の実力者で、部下にとって絶対的存在である点が、決定的な違いといえるだろう。女真人は、漢人皇帝と臣民の信頼関係が薄い状況を利用して、内紛を起こさせる。明最後の皇帝毅宗は、女真人の奸計から忠臣を処刑して周囲の離反を招き、孤独な死に至ったという。生き延びるため時には日和見にならざるを得ない漢人に対し、女真人は率直に描かれている。庄助はどちらかというと女真の剛直さを好む立場である。

強大な帝国を築き上げた清であるが、なぜか女真の風習は長い間に消えていく。乾隆帝が女真の記述を削除する「焚書」を行ったからだという。版図を広げた立役者が「異民族」であることを卑下していたとは驚きだ。漢民族に辮髪を強要した最初の為政者が、後の「焚書」を知ったらどう思うだろう。ちょっときいてみたいものだ。

まだ明が滅ぶ前に、庄助が江南地方を巡る章が設けられている。富み栄える蘇州、杭州は、自分が暮らす東北地方に比べ別天地。しかし人間的気質をみると「故郷」が懐かしくなる。庄助の身の置き所を考える記述もまた興味深い。

女真の言葉と近い蒙古語を専攻した著者だけあって、日本語、漢語との比較にも造詣の深さを感じた。出会った当初は意思の疎通が全くできなかった庄助、アビアも、物語の終わるころには難なく会話を交わしている。愛情表現で誤解を招く場面も含め、二人の言語の過程が、実は一番面白かった。

司馬遼太郎作品はかなり昔に何作か読んだがすっかり忘れている。でも話題が脱線したり前後したりする特徴はよく覚えている。また少しずつ読んでみよう。

スポンサーサイト

マンチュリアン・リポート

20101206

manzhouli.jpg

著 者: 浅田次郎
出版社: 講談社
発 行: 2010年9月

<内容・あらすじ>
『蒼穹の昴』『珍妃の井戸』『中原の虹』(一連の浅田作品)に続く、軍閥割拠の時代の中国。そして軍部が権力を掌握する日本。序章に続き『満州報告書』と『鋼鉄の独白』が6章ずつ交互に配され、終章へとつながっていく。

昭和4年。志津邦陽(しず・くにあき)陸軍中尉は『治安維持法改惡に關スル意見書』をばら撒いた罪で逮捕され禁固刑を受ける。そんな中、彼は突然ある人物と面会させられる。その者は志津に対し、張作霖が爆殺された真相を探って報告するよう命令。志津は早速北京に飛び、張作霖と同じ列車に乗っていたという吉永中佐と会う。吉永は片足に義足をつけ、精神的に弱っている状態だった。志津は調査を重ねて全6通の『満州報告書』を書き上げ、依頼人に送る。

<感想など>
最近、清末から辛亥革命期、軍閥割拠の時代を描いた作品を読んだり観たりする機会が多いが、観れば観るほど、読めば読むほど、わからなくなってくる。人間関係、組織の関係、思想などが入り乱れる上、他国の介入があって、把握しきれないのだ。

今回は、最初に張作霖爆死の原因究明という目的が置かれ、解明に向かって物語は進む。これまでの作品でベールに包まれていた張作霖像が、徐々に鮮明になっていき、彼を取り巻く人々との関係性も明らかになっていく。著者の、張作霖に対する深い愛情が感じられる一冊である。

はじめのうち『鋼鉄の独白』には違和感があった。かつて西太后を乗せた御料車の「気持ち」が述べられた章である。つまり機関車を人格化しているのだ。きしゃぽっぽが整備士相手にしゃべる光景はどこかで見たことがあると思ったら、それは『きかんしゃトーマス』だった。(笑)「彼」の独白を読んでいると、どうしても正面に顔のついた機関車たちが思い浮かんで吹き出してしまう。しかし張作霖との会話になると笑えなくなってきた。

全編を貫くのは「反戦」の思想だと思う。張作霖を抹殺した真犯人は誰か、どうやって彼が乗る車両が潰されたのか、といった謎解きよりも、和平を望む叫びの方が重く響いてきた。著者が、龍玉を手に入れた張作霖の野望や苦悩を描こうとしているのもわかる。ただ、機関車との会話形式なので、創作的な色合いが濃い。この張作霖と、先日読んだ『大地』の王虎が重なった。どちらも出身が貧しく、大きな野望を抱き、息子に夢を託し、人の手で葬られている。彼らの生きざまが胸に迫ってくると同時に、公爵(機関車)の叫ぶ平和はどんどん遠くなってしまう感覚に陥った。

最後、春児が紫禁城の案内人として登場。TVドラマ『蒼穹の昴』の春児の老け顔を想像してみた。たおやかな美しさをたたえた中高年。どんな役者がふさわしいだろう。依頼人と春児の対面、というありえない設定も想像してみた。

リアルな面の裏に、ファンタジー的な面が顔をのぞかせる。読後「どこまでがホントなの?」とつぶやいてしまった。不思議感覚の残る作品だった。

宮城谷昌光『孟嘗君』第5巻

20100120





  出版社: 講談社(文庫)



  刊 行: 1998年10月






<あらすじ>
田文が洛芭を探しているとき、洛芭は子供の行方を追っていた。しかし両者とも手がかりがつかめずにいた。
そんな中、田文は実父田嬰から結婚を命じられ、不本意のまま、会ったこともない花嫁の到着を待つ。そして新婦と対面した田文は驚愕する。何と洛芭ではないか。実は、田文の育ての父白圭が、水面下で、洛芭を西周王の養女に推挙し、洛芭が西周姫として田文に嫁ぐよう画策したのだった。

田嬰が薛<セツ>の国主となり、田文は邑<ユウ>(村の意味)を与えられる。田文は家族や食客と共に村の運営にあたり、人口は見る間に増えていく。田文-孟嘗君の名評判からだ。やがて孫臏が死去。「天下の宰相になれ」という孫臏の言葉を胸に、田文は村を離れ諸国漫遊の旅に出る。

斉の宰相鄒忌<スウキ>が、琴作り職人の笊音<ソウイン>宅を訪れ、琴の製作を依頼する。彼は、毒性のある木で作った琴によって、斉王の暗殺を謀っていた。この件は、笊音の使用人、干申<カンシン>の予想通りだ。斉王はその琴が原因で死去。やがて田嬰のもとに鄒忌の陰謀が密告される。鄒忌は琴を引き取りに笊音宅を訪れ、そこで殺される。

田文は魏、斉、秦で宰相を務めるが、秦では命を狙われ、その難局を「鶏鳴狗盗」(盗んだ狐白裘を秦王の妃に献上して王へのとりなしを依頼し、鶏の鳴き声の物まねによって函谷関を開かせて、脱出。)で打開し、故郷の斉に戻る。周で白圭を看取った後は、薛、魏へ赴く。この時代には食客馮諼<フウケン>の助力が大きい。魏で宰相を務めた田文は紀元前279年に逝去する。


続きを読む

宮城谷昌光『孟嘗君』第4巻

20100107

 
  出版社: 講談社


  刊 行: 1995年11月


<あらすじ>
斉国の宰相鄒忌<スウキ>は、馬陵の戦いで手柄を上げた田忌将軍を妬み、謀略により彼を楚国に追いやる。鄒忌は以前から、隻真と隻蘭に田嬰(王の弟)を敵と信じ込ませ、暗殺を企てていた。田文はこれを父田嬰に話す。しかしこの情報が漏れて隻蘭は誘拐される。田文は隻蘭を救出する際、彼女は姜姓最後の君主康公貸の娘で、その父の仇である威王の子を身ごもっているのを知る。田文は彼女を白圭、翡媛夫妻の住む周へ連れて行く。隻蘭は過去を捨てるために、白圭の勧めで「洛芭<ラクハ>」と改名、生まれた男児は商人鄭両の元で育てられることとなる。
田文は治水工事の監督に忙しい日々を送っていた。洛芭は河畔へ田文を訪ね、2人は一夜を共にする。洛芭は秦へと旅立つ。
秦では公孫鞅が死去。彼の妻で白圭の妹、風麗の危機が伝えられる。田文は白圭の要請を受け、風麗を救出する。
田嬰は韓の昭君に魏国との和解を提案。この外交が実を結び、田嬰は鄒忌に替わり宰相となる。
田文は洛芭が自分の子を妊娠、出産したと聞き、行方不明の彼女を探し始める。

続きを読む

宮城谷昌光『孟嘗君』第3巻

20100104



出版社: 講談社


刊 行: 1995年10月






<あらすじ>
白圭の妻翡媛が誘拐される。単身、高級娼家花館に乗り込んだ白圭は、魏国の公孫頎、龐涓、覆面の男の前に引き出され。孫子を出すよう脅される。白圭は覆面男が魏国王(恵王)の兄公子緩<カン>と見抜く。弟との王位争奪に敗れ趙国に逃れた公子緩は、公孫頎の画策で再び魏国に入ろうとしていた。龐涓と白圭は水面下で連絡を取り合い、魏の龍賈将軍に派兵を要請。花館に火が放たれ、白圭は間一髪で妻を救出、公孫頎の陰謀は潰える。
この政治的陰謀の裏に、悪徳商人恢蛍<カイケイ>がいた。商人斉巨の敵討ちをするため、斉召、厳建は計画を立てる。偶然通りかかった説客<ゼイカク>の蘇秦、張儀、そして斉巨の兄鄭両とその仲間が加勢して、敵討ちは成功する。
白圭は商人の道を行くために、しばらく翡媛、田文と別れることを決意。孫臏(孫子)、その妻[日文]林<ビンリン>、翡媛、田文は共に斉国に向かう。斉国から追放の身である翡媛は「翠媛<スイエン>」と改名、一行は無事斉国入りを果たす。
孫臏は将軍田忌の信頼を得て軍師となる。やがて田文は生母の青欄と対面、13歳で実父田嬰の元に返される。田文は孫臏の門下生とともに兵法を学びながら成長。馬陵の戦いで魏国に圧勝し、初陣を飾る。龐涓は死去する。

続きを読む

宮城谷昌光『孟嘗君』第2巻

20091221


   出版社: 講談社



   刊 行: 1995年9月



<あらすじ>
風洪は、義弟公孫鞅の師匠、尸佼<シコウ>への弟子入りを希望し、尸佼が住む衛国の濮陽へ行く。しかし尸佼には会えず、その後、邯鄲→濮陽→楚→濮陽、と、濮陽を拠点に各地を歩く。最終的に、途中まで斉巨の荷を護衛をしながら再び濮陽にやってきて、ようやく尸佼との対面を果たす。しかし尸佼には新たに弟子をとる気はない。
尸佼は弟子公孫鞅が任官する秦へ旅立つことになり、風洪は数人の弟子と同行。公孫鞅は師匠尸佼を相談役として迎え、新法制定に向け連日仕事に追われる。
拾ってきた男児、文が6歳を迎える。風洪は白圭と名を改め、商人となる決心をして、風麗の侍女、翡媛と結婚する。
斉国の兵法家、孫子が行方不明になる。白圭は僕延と救出に奔走、そのとき文の父が斉国の公子田嬰と知る。孫子は臏刑(両足切断)、鯨刑(刺青)を受けていた。2人は孫子の救出に成功する。


続きを読む

宮城谷昌光『孟嘗君』第1巻

20091216




  出版社: 講談社



  刊 行: 1995年9月




<あらすじ>
戦国時代の中国。斉国の公子田嬰と妾青欄との間に男児が生まれる。しかし誕生日5月5日が不吉だからと、田嬰は男児の殺害を命ずる。青欄は密かに、田嬰の臣下僕延に子を託し、僕延は恩人の射弥夫妻に養育を頼む。
荷の護衛で生計を立てる風洪は、妹の風麗と2人暮らし。ある日東宮に入った風麗から「赤子をもらってきてほしい」と頼まれる。太子の妃妾に子ができないので手助けしたいという。
ある日風洪は女性が殺害された現場に遭遇、2人の男を切り殺す。すぐそばに元気な男児、女児の赤子2人を発見したが、とっさに男児だけを連れ帰る。
風麗は嘘がばれて国外追放の身に。風洪は、風麗、男児、侍女の翡媛を連れ斉国を出て、商人斉巨の荷を護衛しながら魏へと向かう。
風麗には恋人がいる。魏で御庶子(家庭教師)の官職に就いている公孫鞅だ。宰相の公淑痤は死ぬ間際、恵王に公孫鞅を宰相に推薦したが、恵王はとりあわない。
公孫鞅は魏を出る決心をし、風麗と結婚。紆余曲折を経て秦国で官職に就く。

<感想など>
全5巻は前に読んだが、もう一度最初から目を通すことにした。鑑賞中のドラマ『大秦帝国』と内容が重なっており、衛鞅(公孫鞅)を別の角度から見たいと思ったからだ。ドラマでは白圭(風洪)はすでに故人で、娘の白雪がその遺産を引き継いでいる設定となっている。一方、この作品では、白圭は衛鞅の義兄の立場で、まだ35歳。大商人白圭については創作の自由がきく、伝説的人物とみていいだろうか。

タイトル「孟嘗君」とは、風洪が拾ってきた男児、「文」のこと。しかし現段階の主人公は風洪だ。彼はちゃらんぽらんで成り行きまかせの人生を歩んでいるように見えるが、筋の通った男である。剣の腕もすごくて魅力的。

さてこの物語には、ミステリーの要素もある。
・青欄が手離した男児が文である。これからどんな人生を歩むのか。(周知だが)
・射弥夫妻が預かっていた女児の親は誰? なぜ預けられたのか。
・風洪が去った後、射弥の妻の弟、隻真が現場を訪れる。このとき彼が発見したのは夫妻の遺体と、そばで泣いている女児だけだった。風洪に殺された男たちの遺体はどうなったのか。
・風洪は命を狙われる。相手は誰か。
それらの謎は、これから徐々にわかっていくことだろう。

公孫鞅はどのように大改革を推し進めるのか。ドラマと平行して物語を読んでいくと、頭の中でごちゃごちゃになりそうだ。でもそれはそれで楽しい作業かも!

山本兼一『火天の城』

20091122




 出版社: 文藝春秋(文庫)


 刊 行: 2009年9月(単行本は2004年刊行)








<内容・感想など>
主人公は岡部又衛門以言(もちとき)。織田信長の命で安土城築城の総棟梁となった男である。物語は、築城までの道のりと平行して、又衛門と以俊(もちとし)父子の関係の変化を描いている。こうした築城を横糸に例えれば、縦糸は信長の安土城に対する思いではないだろうか。彼にとって安土城とは何か。築城のドラマには、人間をも超えようとした信長の野望が顔をのぞかせている。

又衛門は、そんな信長に一生を捧げたといっても過言でないほどの忠誠心を示す。まるで惚れこんでいるようだ。信長の無理難題を実現すべく、又衛門は自分の持っているすべての力を駆使して、各部門を統率し、資材を調達し、不眠不休に近い状態で働き続ける。そんな姿に、現代社会の激サラリーマン管理職の一面も感じてしまった。
信長は帝を城に住まわせたいと言う。そしてその帝よりも高いところに身を置きたいと考えている。そんな信長の計り知れない野望から、又衛門は逃げられなくなってしまったのではないだろうか。

以俊は、いつまでも自分を一人前に扱ってくれない父に不満を持つ。神父オルガンティーノに南蛮建築の指南を請う姿には彼なりの野望も見え、この気持ちが父に届けばいいのにと思うのだが、それも容易ではなさそうだ。認めてほしい息子と認めない父。この父子の確執は、どちらかというと、息子の未熟さよりも父の現役へのこだわりに原因があるのではないかと思った。確かにこの父は偉大だ。自分の努力を考えれば、息子が頼りなく見えるのは当然かも知れない。自分の老いを認めてようやく息子を認める父と、あらためて父を畏敬する息子。職人技が伝えられていく背景を見た思いだ。

築城を阻止しようとする反対勢力の動きが、ミステリアスな雰囲気を漂わせていた。蛇石の滑落による人々の死。職人や家族の間で流行した疫病。何者かの仕業ではないかとの憶測。築城の一時休止。そして女乱波の存在。それぞれが線で結ばれていく過程にはドキドキする。信長の周りに広がる不穏な空気が、終始不気味だった。

最後に城は火に包まれる。築城の詳細な過程を見てきただけに、喪失感が大きかった。
ここで、先日の映画と原作は別の物語であると感じた。映画が築城の喜びに包まれて終わるのに対して、原作はすべてが滅んで終わる。いつか原作に近い映像を観たいと思った。

王妃マリーアントワネット

20091121


 著 者:藤本ひとみ
 
 刊行年:2008年6月

 出版社:角川書店






<内容・感想など>
副題は『華やかな悲劇のすべて』。
18世紀後半のフランス。王妃マリーアントワネットの豪奢な生活、国を揺るがした首飾り事件、スウェーデンの貴公子フェルセンと王妃との恋愛、市民革命によって陥落していく国王一族の姿が、物語風に描かれている。表紙には主人公の肖像画が掲げられているが、私には漫画のイメージが強く、登場人物の姿は自然に池田理代子氏の絵に重なった。

昔ベルばらに夢中だった頃は、オスカル逝去後は読む気力が潰え、マリーアントワネット刑死までの経緯はほとんど覚えていなかった。今回再読し、とばして読んだ数年間の出来事こそが、フランス革命の複雑な歴史的背景であることを知って興味が出てきた。そこで入門書として借りたのが本書である。

さて。マリーアントワネットとは頭がいいのか悪いのか。夫ルイ16世は愚かなのか大胆なのか。主人公マリーアントワネットの目線で見れば、王政の危機的状態のときに「遊んでいる」王に対する憤りは納得できる。自分がこんなにフランス王政のために尽くしているのに王自身はいったいどういうつもりなのだ!と。彼女はいろいろな人々と連絡をとりあい、時には暗号解読もしていたようだ。遊び暮していたときの彼女とは全く違う。夫のかわりに自分がフランスを背負おい、2人の子を育て上げようという決意が全身に漲っている。一方、ルイ16世は決断が下せない「愚王」に見えるが、刑場に向かう直前の毅然とした態度は、品格があってマリーアントワネットの心を揺さぶるのである。この夫婦は全く違う性格だが、賢と愚を併せ持っていて「賢」の部分を国のために発揮できなかったところは似ているように思える。

マリーアントワネットとフェルセンの恋愛については、昔漫画を読んだときは「ありえない」と思った。2人とも実在の人物とはいえ、この恋愛部分だけは創作だと考えていた。しかし今回、文字で読む2人の情景が漫画とぴったり一致することも多く、他の資料もあわせて読み進めると、どうやら事実らしいとわかった。かつて無関心だった2人に、俄然興味がわいてきた。全財産を投げ打ってまで王妃の脱出を計画したフェルセンとは、一体どんな男だったのだろう。また、男にここまでさせる女には、どんな魅力があったのだろう。ドラマチックに仕立てたくなる史実だ。

革命を先導した人々もまた断頭台の露と消えていったこの時代。国家財政を食い尽くす王家への怒りが革命へと発展するが、その後の派閥の対立が情勢を一層複雑化させる。そんな背景をもう少しよく知りたいと思った。また最期を覚悟する王の心ものぞいてみたくなった。

私説三国志 天の華・地の風 完全版

20090707


著 者:江森 備(えもり そなえ)
刊行年:2008年(1998年光風社刊の作品を加筆、修正)
出版社:ブッキング
巻 数:全10巻



<内容・感想など>
職場の方からお借りした本。
主人公は諸葛孔明である。
赤壁の戦いから死去するまでの数奇な生涯が、
ドロドロの人間関係を中心に描かれている。
今まで抱いてきた孔明像を、この作品は
木っ端微塵に打ち砕いてくれる。
こんな孔明は孔明ではないという人もいるかも知れない。
私も最初は猛反発していた。
しかしそのうちに「これもアリかも」と思うようになった。


続きを読む

プロフィール

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。